« 路傍の花 手間不要ポーチュラカ  3千憶年1秒誤差時計  | トップページ | 路傍の花 コバノセンナ咲始め  原発処理水の放出是非 »

2019年9月14日 (土)

路傍の花 咲続くニチニチソウ  平安京の南端確定

 京都市埋蔵文化財研究所は12日、平安京の跡の発掘調査で築地塀「羅城」
の跡を初めて確認したと発表した都の最南端を東西方向に貫く九条大路の跡も
初めて見つかった平安京に羅城があったことが証明され研究者の間で異見が
あった南端の位置も考古学的に確定し埋文研は「平安京の実態を知る上で画期
的な成果」としている平安京の都市計画は905年~1027年に編纂された律令
施行細則「延喜式」に記録されているが確認された羅城と九条大路は、記述か
ら推定される位置に一致した、としている過去の文献が考古学的に一致したと
いう事は考古学者にとってはこの上ない喜びであろうと推定する

 今日のニチニチソウは長く咲き続け掲載も数回目であるので、内容が重複して
いる分はご容赦下さい。
Photo_20190914093301
 ニチニチソウ(日々草)。初夏から晩秋まで毎日の如く咲く故の名前。原種は匍
匐性があるが、観賞用に品種改良されたものは直立するのが多い。
Photo_20190914093302
 花は直径3~4㎝程度で花弁は5裂し、花色は白、ピンク、赤、赤紫などがあり、
これと同じく中心だけ変わるものもある。花期は5~10月まで半年以上咲き続け
るのは大気汚染耐性が高く、道路沿い花壇で大活躍。花個々の寿命は3~5日。

|

« 路傍の花 手間不要ポーチュラカ  3千憶年1秒誤差時計  | トップページ | 路傍の花 コバノセンナ咲始め  原発処理水の放出是非 »

コメント

長い期間、花壇を彩ってくれますよね。

投稿: rainbow_papa | 2019年9月14日 (土) 18時31分

近頃は中心がこのぼかしの入ったのをよく見かけますね!サカタのタネあたりの新作なのでしょうか!

投稿: 自游人 | 2019年9月14日 (土) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 路傍の花 手間不要ポーチュラカ  3千憶年1秒誤差時計  | トップページ | 路傍の花 コバノセンナ咲始め  原発処理水の放出是非 »