« 路傍の花 カキツバタが数輪の花 交通事故には厳罰を  | トップページ | 路傍の花 夏蜜柑の花 気持ちのいい五月 »

2019年5月10日 (金)

路傍の花 シロツメクサが植られて 超電導で空を飛ぶ

 九州大学は世界最高水準を誇る超電導技術を生かして地球暖化の中で、化石
燃料に変わる電動化、即ち超電導(特定の物質の電気抵抗が一定温度以下でゼロ
なる現象)により現在の化石燃料に代わる飛行体を飛ばそうという計画を
現しようとしている
4月に拠点となる伊都キャンパスに「先進電気推進飛行体
研究センター」を開所10年後にには試験機を大空に飛び立たせる計画だ
大は超電導技術では世界トップレベルの技術を持っておりこの夢の実現は決し
て夢には終わらないだろう常に不可能を可能にしようという進取の取り組みこ
そが大切なのだ成功を祈る

  宅地では滅多に見ないクローバーが民家の横の細い路地に1m四方ほど植えら
れ花を付けていた。多分この家の人が植えたものと思われ、普段目にしない花を
珍しく感じ撮って来たもの。

Photo_81
 シロツメクサ(白詰草)。この名は1846年オランダから献上されたガラス製品
の包装緩衝材として詰められたことに由来。明治以降飼料として導入、野生化。

Photo_82
 花は葉の柄よりやや長い花茎の先につく。色は白(ほんの少しピンクもある由)
よく見れば花が沢山よって花穂を形成しているのが判る。雑草防止にも利用する。

|

« 路傍の花 カキツバタが数輪の花 交通事故には厳罰を  | トップページ | 路傍の花 夏蜜柑の花 気持ちのいい五月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

クローバーの花のアップがきれいに撮れましたね!

投稿: 自游人 | 2019年5月10日 (金) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 路傍の花 カキツバタが数輪の花 交通事故には厳罰を  | トップページ | 路傍の花 夏蜜柑の花 気持ちのいい五月 »