« 気紛れ散歩 臨時編5 雑草の中のハナニラ | トップページ | 路傍の花 レンギョウが満開に はやぶさ2の実験技術 »

2019年4月 3日 (水)

路傍の花 ハナモモ 元号は時代の区切り

 次の元号が「令和」に決まった。この決定に関し、新聞・テレビは選定の経過や、
万葉集の事、年号選定関係者のこと等色々報道してくれた。是と同時に本屋がすぐ
店頭に万葉集に関する本を陳列した素早さにも驚いた。この元号が変わることは、
にとっては、一つの時代の区切りを強く感じた。平成時代を区切って平成を省みたN
HKの番組とは別に、私の生涯では一番働いた時代と強く感じているからである
んな平成もこれから1日1日と遠くなり令和の新時代の生涯が生まれてくる

 大きな樹を樹を思い切って剪定したもので、若枝も未だ伸びない樹に数少ない乍ら
花をつけていた。 

Photo_10
現在の園芸品種は江戸時代に作出されたされたものがおおいそうだが、品種は
沢山ある。主に花鑑賞だが、庭木として植えている家も多い。

Photo_13
花は桜より先に咲き始めることが多いとか。花期3月下旬~4月。花色は白、赤、
桃色、紅白咲き分けなど。花径は3㎝位だが、大輪種もあるようだ。

 

|

« 気紛れ散歩 臨時編5 雑草の中のハナニラ | トップページ | 路傍の花 レンギョウが満開に はやぶさ2の実験技術 »

コメント

先ほどお昼のニュースで桃の花の間引きをしている報道がありました。我が家や付近はまだソメイヨシノが咲き始めです。

投稿: 自游人 | 2019年4月 4日 (木) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気紛れ散歩 臨時編5 雑草の中のハナニラ | トップページ | 路傍の花 レンギョウが満開に はやぶさ2の実験技術 »