« 気紛れ散歩 路地の花65 ミモザ満開   景気後退? | トップページ | 気紛れ散歩 路地の花67 ツクシが出た 海洋生物と衝突の船 »

2019年3月10日 (日)

気紛れ散歩 路地の花66 ウンナンオウバイ  ボタモチとオハギ

 子供の頃春・秋両彼岸には家でボタモチ・オハギを作って仏様にお供えをしていたこのボタモチとオハギの名前の違いを母に聞いたところ小豆を炊いてすり潰し布で漉し餡にしたのがボタモチで、皮ごと潰して粒餡にしたのがオハギと教えてくれた。多分私がまだ子供で萩や牡丹など花の事に関心がない故そういう教え方をしたものだろうと推定するが粒餡と漉し餡だけの違いでの名前の違い覚えることは出来ずに来た今なら牡丹が春、萩が秋で秋の小豆の皮はまだ柔らかいのでそのまま潰込んで粒餡になる、それがオハギ一方春になると小豆の皮も固くなるので漉して除いたのがボタモチと言えばもう忘れないそんな次第で、私は大人になるまで両者の区別はっきり言えなかった皆様をこんな事小さい頃からよくご存じでしたか

 道路より少し高い敷地の家の庭に咲く木故、見上げるしかないが、黄色い花は遠くからでもよく目立ち、楽しみながら近づけるウンナンオウバイ。
Photo_3
 ウンナンオウバイ(雲南黄梅)
中国雲南省原産の梅に似た花を咲かせる故の名前だが、モクセイ科ソケイ属の花で、ジャスミンの近縁種ながら、香りは殆どない。日本には明治の初期に渡来している。
Photo_4

 花期は3‐4月。分枝して枝垂れた枝の葉の付根に、花径3㎝程の花を咲かせる。少し杯状の花で先が6‐10裂に平らに開いて八重咲の様に重なっている。花色は黄色しかない。

|

« 気紛れ散歩 路地の花65 ミモザ満開   景気後退? | トップページ | 気紛れ散歩 路地の花67 ツクシが出た 海洋生物と衝突の船 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

家は秋も春も小豆をすり潰したものを作っています。私もぼたもちとおはぎは豆を潰すか潰さないかと思っていました。家内に聞くと牡丹とお萩は季節の違いと言ってましたが、小豆を潰すか潰さないかで分けて覚えていても全然良いような気がします(笑)。私は小豆を潰したものの方が好きです。

投稿: k.s | 2019年3月10日 (日) 11時01分

黄梅は満開ですね!我が家付近はコブシが今年は一向に咲きません。コブシの花が一杯咲く夏は暑くなると言われていますが、今年はどんな夏に?

投稿: 自游人 | 2019年3月11日 (月) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気紛れ散歩 路地の花66 ウンナンオウバイ  ボタモチとオハギ:

« 気紛れ散歩 路地の花65 ミモザ満開   景気後退? | トップページ | 気紛れ散歩 路地の花67 ツクシが出た 海洋生物と衝突の船 »