« 気紛れ散歩 露地の花63 スノーフレーク  選挙違反激減? | トップページ | 気紛れ散歩 路地の花65 ミモザ満開   景気後退? »

2019年3月 8日 (金)

気紛れ散歩 路地の花64 沈丁花が芳香  丹波竜の復元図

 2006年に兵庫・丹波市で発掘された化石から、最近その竜の復元図が作成されたという丹波竜の化石は白亜紀前期〈約1億1000年前)のもので頭部や肋骨尾の骨、歯など化石が発見されたが、国内最大級の新種の草食恐竜として注目されたもの。丹波市は復元図作成のため同博物館に監修依頼し、持ち掛けられたのは復元図作成の第一人者・小田隆・大阪芸大准教授と博物館の主任研究員である、兵庫県立大准教授・三枝春生の二人で、共同で調査、修正を重ねながら、2ヶ月間をかけて完成したという。しかし、このような復元図は後日、別の部位の化石が発見されれば間違いが分かることがある。従って小田氏は復元図に完成はないだからこそ真実を知りたいと思う気持ちを大切にしたいそのプロセスがアートだと思っている。と、語っている由。

 今日はジンチョウゲ。この花も民家の庭には必ず1本あったものだが、最近の民家の庭からは姿を消しつつある。今風の家の庭木としては合わないからであろう。
Photo_2
 ジンチョウゲ(沈丁花)
中国南部の原産だが、日本でも室町時代既に栽培されていたという古い木ではある。雌雄異種だが、雌株は殆どなく、挿し木で増やす。
Photo_3


 2月末~3月開花だが、当地ではも少し早くから咲いている。蕾の頃は濃紅色だが、開いた花は淡紅色で雄しべは黄色。強い芳香を放つ。花を囲う様に葉が放射状に付く。

|

« 気紛れ散歩 露地の花63 スノーフレーク  選挙違反激減? | トップページ | 気紛れ散歩 路地の花65 ミモザ満開   景気後退? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こちらは今日は気象の変化の激しい一日でした。朝は小雪舞う、日中は日差しは強く、でも風は冷たい。沈丁花、好き嫌いはあるでしょうがいい香りを発しますね!梅は満開!

投稿: 自游人 | 2019年3月 8日 (金) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気紛れ散歩 路地の花64 沈丁花が芳香  丹波竜の復元図:

« 気紛れ散歩 露地の花63 スノーフレーク  選挙違反激減? | トップページ | 気紛れ散歩 路地の花65 ミモザ満開   景気後退? »