« 気紛れ土日版21  色付いたキンカン  TPP日本発効 | トップページ | 気紛れ土日版23 正月縁起物葉牡丹   波乱の幕開の亥年 »

2018年12月31日 (月)

気紛れ土日版22  サクラジマコミカン  初詣の祭神

 今宵の除夜の鐘がなる頃、初詣の参拝客が大勢お詣りする市内の3神社の御祭神をよく知らずにお詣りする方もあるのでは?とふと思ったものだから、ここに改めて記載しておく。
 櫛田神社山笠で有名な神社であり、市内の中心にあるから先ずこの神社の祭神。主神は大幡主大神(応神天皇)で、757年、託宣により鎮祭配神の左殿には天照大神右殿には素戔嗚命(スサノオノミコト)(941年藤原純友の乱の追討使・小野好古が山城国の祇園社に神助を祈願し当社に勧請したもの。よって山笠に祇園がつく)の三神である。
 筥崎宮箱崎八幡宮とも呼ばれ、石清水八幡宮、宇佐八幡宮と共に、3大八幡宮の一社主神は応神天皇で、配祀神は神功皇后と玉依姫命。921年に八幡神の託宣により筑前国穂波郡の大分宮を玄海灘に面した現在地に移したものである。
 香椎宮仲哀天皇の橿日廟よりその神霊古宮から今の本殿に遷座して主神とし、724年神功皇の神霊が仲哀天皇と共に主神とされ祀られ左神には八幡大神(応神天皇)、右神には住吉大神の4柱が祀られている。

 今日はサクラジマミカン又はサクラジマコミカンと称され、ギネスが世界一小さい蜜柑と認定したという、果径が3㎝以下位の小さな蜜柑。御覧の通りネットがかぶさっていた(鳥類の食害防止?)。前回11月30日アップした小蜜柑より一回り小さいので珍しく思いアップした。
Photo_5
 サクラジマコミカン(桜島小蜜柑)
この品種の来歴は諸説あるが、熊本から伝わったというのが正しいか?桜島の火山灰土壌で栽培されるようになったのは1658年頃からという。
Photo_4


 過日は12月になると熟し、重さ20-50gの扁平な球状。沢山実が生るので、1本の木から沢山収穫される様で、甘いという。この家では鑑賞と食用と兼ねているのかな。

  今年1年間、ご愛読いただき有難う御座いました。又来年もよろしく。尚正月5日までは当ブログお休みとします。

|

« 気紛れ土日版21  色付いたキンカン  TPP日本発効 | トップページ | 気紛れ土日版23 正月縁起物葉牡丹   波乱の幕開の亥年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

知りませんでした。昨年は香椎宮、伊野神社に参りました。一週間くらい前に鹿児島出身の人から桜島小みかんを頂きましたが本当に小さなミカンですよね。孫が赤ちゃんミカンと言って殆ど食べてしまいました(笑)

投稿: K.S | 2018年12月31日 (月) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気紛れ土日版22  サクラジマコミカン  初詣の祭神:

« 気紛れ土日版21  色付いたキンカン  TPP日本発効 | トップページ | 気紛れ土日版23 正月縁起物葉牡丹   波乱の幕開の亥年 »