« ノコンギくの鉢植    景況感3期連続悪化 | トップページ | エンゼルストランペットが咲き始めた »

2018年10月11日 (木)

タマスダレが一気に咲いた

 暫くお休みしました。10日前、発熱したので膵臓手術した病院に急遽入院となり、本日退院してきましたが、向後も通院検査の要あり、当ブログもしばらくお休みしますそれで既に入院前に準備していた花の写真が4点あり時期的に10日前の季節外れとなったものですが取敢えずこの4点だけアップして後はしばらくお休みと致します時季遅れとなった花ですが今日より順次アップしますよろしくご了承下さい

  雨後の筍じゃないが、このタマスダレも雨が降れば一気に沢山花を付ける。割に大きな花が綺麗に咲いていたので、再掲した。
Photo タマスダレ(玉簾)
ゼフィランスとも呼ばれるのは、学名がZephyranthes  candida から来ている。日本の気候によく適合しているのか、南米原産だが半野生化もしている。
Photo_2



 花は日が当たると咲き始め、夕方になると閉じて2~3日ほど咲き続ける。が、一つの株から、何回か花茎が上がって咲くので長期に楽しめる。この花は大きい方で直径5㎝程であろう。

|

« ノコンギくの鉢植    景況感3期連続悪化 | トップページ | エンゼルストランペットが咲き始めた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

玉すだれ、まだ雨後には花を咲かせていますよ。完治ご帰還でなく断念ですが、ご無理をなさらず療養願います。

投稿: 自游人 | 2018年10月12日 (金) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/67227958

この記事へのトラックバック一覧です: タマスダレが一気に咲いた:

« ノコンギくの鉢植    景況感3期連続悪化 | トップページ | エンゼルストランペットが咲き始めた »