« プーチン氏平和条約提言    終わりに近いランタナ | トップページ | 世界の海洋汚染   咲き続けるアベリア »

2018年9月15日 (土)

「奴国」王族墳より歯が出土    隠れ咲いていたフヨウ

 福岡市の隣。春日市(魏志倭人伝の奴国)の須久岡本遺跡(王族墳)の甕棺から王族の歯が発見されたと市教委が発表したここは全国有数の弥生時代の大集落跡で「奴国の王都」と呼ばれており、その中心がこの遺跡この墳墓は2015年の調査で国内最大級の王墓と見られる甕棺墓が見つかりこのほど甕棺を液体窒素で冷凍固化して取り出したもので中には絹織物包まれた副葬品の銅剣や把頭飾と共に14本の歯が確認され第3大臼歯を含む歯のすり減り具合から20代の成人とみられるという市教委は弥生中期前半の貴重な資料」としてこれら発掘品の展示は「奴国の丘歴史資料館」で15日~10月28日まで行う。

 道路際の背丈ほどの雑草の間からちらりと見えたので草をかき分けると、この芙蓉があった。日本の南部では雑草化しているとの説明通り、放置され雑草化した様だ。
Photo フヨウ(芙蓉)
学名Hibiscus mutabillisと言うようにハイビスカス(又はフヨウ)属。似た花のムクゲもHibiscus syriacus の名の通り近縁だが葉形、大きさで区別しやすいが、真直ぐ伸びるのはムクゲ、横に枝分かれして広がるのがフヨウと区別できる。
Photo_2

 フヨウには園芸種は多くないと言われるように、花色はこのピンク以外には白花、又八重咲種もある。花期は7-10月と長いが、1日花で次から次と開花を続ける。

|

« プーチン氏平和条約提言    終わりに近いランタナ | トップページ | 世界の海洋汚染   咲き続けるアベリア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

咲きましたね!野草化したのが結構ありますね!

投稿: 自游人 | 2018年9月15日 (土) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/67164125

この記事へのトラックバック一覧です: 「奴国」王族墳より歯が出土    隠れ咲いていたフヨウ:

« プーチン氏平和条約提言    終わりに近いランタナ | トップページ | 世界の海洋汚染   咲き続けるアベリア »