« 天変地異の予測    恵の雨で一気に生ったミニトマト | トップページ | 五輪テストのイルカショー誤算   ザクロが熟れた »

2018年9月11日 (火)

北海道電力、民間電力が支援   咲き続くホソバヒャクニチソウ

 北海道、10日震源地の苫東厚真火力発電地震を感知して停止これで他の3ヶ所の発電負荷が急増し自動停止し、「ブラックアウト」となったその後北電の努力で、約300万kw発電までこぎつけたが残り50万kwは、自家発電設備を有する新日鉄住金(室蘭)が最大10万kw発電設備を稼働日本製紙(釧路)は8万kw王子HDも4万kwまで供給力を高めてその他併せて50万kwを補って全需要の14%を企業発電より受電供給している電力自由化では電力会社は当初迷惑がっていたようだが今回はこの自由化により何とか急場を凌いでいるまさに「以て命すべし」というところか

 民家の玄関先の小さな花壇が道路端に作って在り、そこに咲き続けている花・ホソバヒャクニチソウ。白とオレンジの2株。
Photo
 ホソバヒャクニチソウ(細葉百日草)
別名ジニア・リネアリス(Zinnia linearis)は学名より。原産地はアメリカ、メキシコ。
Photo_2


 元は百日草の一種となっていたが、現在は別種でジニア属ともされる。名の通り百日草よりは細い葉が特徴。
Photo_3





 草丈20㎝前後で、小振りながらも花付がよく、名の通り長期咲き続けるので、鉢植えや花壇に最適である。
Photo_4



 花色はこのオレンジと白の他、赤紫色。黄色などで花は一重咲きが殆ど。園芸種も出てきている。

|

« 天変地異の予測    恵の雨で一気に生ったミニトマト | トップページ | 五輪テストのイルカショー誤算   ザクロが熟れた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

花も小ぶりに様に見えますが・・・・・・。

投稿: 自游人 | 2018年9月11日 (火) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/67151170

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道電力、民間電力が支援   咲き続くホソバヒャクニチソウ:

« 天変地異の予測    恵の雨で一気に生ったミニトマト | トップページ | 五輪テストのイルカショー誤算   ザクロが熟れた »