« 北海道電力、民間電力が支援   咲き続くホソバヒャクニチソウ | トップページ | 九州の鉄道存否を問う   シマトネリコが果実を長くつける »

2018年9月12日 (水)

五輪テストのイルカショー誤算   ザクロが熟れた

 2020東京五輪に向けた最初のテスト大会・セーリングW杯江の島大会で開会式で披露されたイルカショーを巡りトラブルが起きたショーの披露は新江の島水族館での開会式(9日)選手や大会関係者の前で同水族館で人気のイルカショーのパフォーマンスがあったこれを見た海外選手がツイッターに投稿するなどSNSなどで選手から当惑の声が広がったという欧米ではイルカは知的で親しみのある生き物との思いがあり抵抗感がある保護活動も盛んで国際連盟は11日、「自然の生き物のこの様な展示は容赦できない」指摘したという実行委員長の日本セーリング連盟・河野博文会長は「お詫びを申し上げたい」と言っているが五輪関係では日本独特の文化も見せたいであろうが矢張り多くの地域、国々からの来日生活習慣、風俗の異なる人々の集い余程入念に検討を重ねばなるまいそのために出来る限り多分野から多くの人の意見を聴取せねばなるまい

 当地では、前から有る集落の民家にはザクロを庭木としている家が多い。花の鑑賞より、やはり果実の収穫が主目的だったろうが、最近は熟したからとて収穫しない家が多くなった。(
Photo
 ザクロ(石榴)
世界的に5000年以前より栽培されている古い植物。日本にも各地に分布している。果実としては国産物は殆どなく多くはカリフォルニア産で、ジュースにはイラン産も使われている由。

Photo_3
 果実のサイズは6-10㎝位。果実の中には赤いツブツブが沢山詰まっていて、この部分を食する。爽やかな甘みで、酸味もあり、独特の食感がある。

|

« 北海道電力、民間電力が支援   咲き続くホソバヒャクニチソウ | トップページ | 九州の鉄道存否を問う   シマトネリコが果実を長くつける »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/67156971

この記事へのトラックバック一覧です: 五輪テストのイルカショー誤算   ザクロが熟れた:

« 北海道電力、民間電力が支援   咲き続くホソバヒャクニチソウ | トップページ | 九州の鉄道存否を問う   シマトネリコが果実を長くつける »