« 富士山噴火ハザードマップ見直し   アイビーが綺麗だ | トップページ | 切迫する?南海トラフ地震   今年は少ないセンニンソウ »

2018年9月 1日 (土)

二百十日防災の日    新種のツタか?

 今日9月1日は二百十日立春(彼岸)から数えて210日目丁度気候の変わり目で、この日の前後には台風がよく日本列島を襲う関東大震災は1923年の二百十日の前の日に台風が来たその強風に東京と横浜に大火災が発生したそれから95年後の今日、奇しくも台風21号と言う強い台風が日本列島を窺い北上に方向転換しようとしている現在「防災の日」となっているが台風は止めようがない自然現象だしかも年々台風に伴う大雨による水害が増大している災害を如何に小さくするかこれは山野を含めての治山治水しかない亜熱帯化しつつある列島の降雨に見合った河川の堤防や川幅も再検討が必要だろう地道な防災対策を講じて行く必要がある

 昨日アイビーなる蔦を載せたが、その写真を撮った前々日、実はこの写真を撮ってきた。物干し場を目隠しするためのものだが、珍しいので帰って早速ネットで調べた。が、いくら探しても見つからない。新種の園芸用に開発された品種故、まだ載ってないのかと思い、翌日もう一度確認のため見に行った。ところがよく見ると・・・。騙された馬鹿さ加減をご披露する。
Photo 人工蔦
網目のフェンスに這わせたと思っていたのは、実は近づいて見るとフェンスに細かく縛り付けた人口蔦であった。それが葉の陰で通りすがりでは全然わからない。但しこんな品種は実在しないことをご存知の方にすぐ判っただろう。
Photo_2
 葉の状態を近づいてよくみると、葉は非常にうまく作られており判らぬが、色が濃緑色で、この色は自然界には不自然であろう。又よく見ると蔦であるべき自然状態のツルが見当たらない。全くの人工蔦と確認できた。しかし色は別にしてよく出来たものである。

|

« 富士山噴火ハザードマップ見直し   アイビーが綺麗だ | トップページ | 切迫する?南海トラフ地震   今年は少ないセンニンソウ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

遠目に見たら、分かりませんよね。

投稿: | 2018年9月 1日 (土) 22時20分

私が通うスポクラの玄関先にも!

投稿: 自游人 | 2018年9月 2日 (日) 06時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/67108341

この記事へのトラックバック一覧です: 二百十日防災の日    新種のツタか?:

« 富士山噴火ハザードマップ見直し   アイビーが綺麗だ | トップページ | 切迫する?南海トラフ地震   今年は少ないセンニンソウ »