« 九州の鉄道存否を問う   シマトネリコが果実を長くつける | トップページ | 「奴国」王族墳より歯が出土    隠れ咲いていたフヨウ »

2018年9月14日 (金)

プーチン氏平和条約提言    終わりに近いランタナ

 12日、ロシア・プーチン大統領が、ウラジオストクで開かれた「東方経済フォーラムの全体会合席上安倍首相に対し「あらゆる前提条件抜きにして、年末までに平和条約を結べないか」と投げかけたという勿論即答は出来なかったが日本は「北方領土の帰属を確認後平和条約を締結」という基本合意を守ること以外には考えは無かった筈プーチン氏の狙いは大型の経済協力を引き出すこと、或いは文字通り先ず平和条約を締結後領土問題はしばらく棚上げの二通りが憶測されるが国内でも両論相分かれた見方があるようで現実には安倍内閣は戸惑っているのが本音だろう意外にプーチン氏の本音かも・・・。

 長期に咲き続けたランタナだが、そろそろ終わりに近いので、一度アップしておく。尚今頃は黒い小さな果実をつけ始めているのが目に付く。
Photo ランタナ(Lantana)
学名でもある。和名はシチヘンゲ(七変化)。咲き始めから色が順次変わって行く事に由来する名前。因みに紫陽花も七変化と称される。南アメリカ原産で世界中に帰化植物として定着。日本では小笠原・沖縄諸島に分布。
Photo_2
 花は多数の小花による散形花序を作っている。開花後時間が経過と共にしだいに色が変わり、同一花序でも、内側と外側の色が異なり、内側が新しいものである。
Photo_3


 これは木の異なる色違いの花。尚、今頃だと花をつけた木に、黒い小さな球形の果実とつけ始めている。液果で有毒だが、鳥が食べて種子を散布する。(種子をかみ砕かない限り、有毒とはならないのである。
 

|

« 九州の鉄道存否を問う   シマトネリコが果実を長くつける | トップページ | 「奴国」王族墳より歯が出土    隠れ咲いていたフヨウ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ランタナ、そろそろ終わりなのですね!

投稿: 自游人 | 2018年9月14日 (金) 19時35分

鳥が運んでくれたのか、我が家の庭にも咲いています。

投稿: | 2018年9月14日 (金) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/67160508

この記事へのトラックバック一覧です: プーチン氏平和条約提言    終わりに近いランタナ:

« 九州の鉄道存否を問う   シマトネリコが果実を長くつける | トップページ | 「奴国」王族墳より歯が出土    隠れ咲いていたフヨウ »