« 全国的な花便り    ジンチョウゲが真盛り | トップページ | ヒアシンスも咲いた »

2018年3月23日 (金)

選抜野球開幕、球春!  ゴールデンクラッカーが風に揺れて

 選抜高校野球は今年は第90回という区切りの記念大会の為、いつもより4校多い36校が参加し、今日開幕した。これを祝福するがごとく、つい先日まで、真冬並みの寒さで雨天、降雪があり、列島全部が冷え込んだが、今日は一転青空となり、まさに球春となった。今回は第一試合に福岡の東筑が出て、これを書いている今は、対戦校・星光学院に3-2で勝っている。ところで球春という言葉は今年出版の広辞苑・第7版に初めて載ったと「毎日の余録」にある。試みに先日買った電子辞書の広辞苑で引くと「野球のシーズンが始まる、春先の頃」とあり、確かに載っていた。しかし、最近の言葉の変遷は激しいので、10年毎に改編する「広辞苑」では新語が載らないという不便さはある。私は球春は俳句の季語になっていても良いがと思って引いて見るが到底季語にはなり得てない。唯、季語の場合はやたらに増えても、却って作句上障害もあり得るから、いいようなものだが、俳句は古い季語を大切に使うから余計に新しい季語の誕生は問題かも・・・。
 
このゴールデンクラッカーは、元は大きな木一昨年持ち主が大幅に剪定した故、それ以降は小さな株が1m弱に伸び花を付けている多分切ってしまった持ち主も後悔しているのでは? と思っている
Photo_3 
ゴールデンクラッカー(Golden  Cracker) これはユリオプス・バージネウスから産出された園芸品種で学名はEuryops virgineus 'Golden Cracker' であるユリオプスは南アフリカ南部に約95種が分布その内のこのE.バージネスはアフリカ南部に分布する常緑性の低木分布域はアフリ南部の沿岸地域に広がり砂丘や山の斜面や草原、道端など日当たりの良い場所に自生する
R 
その花花期は1月~5月というが当地では2月~4月花期になると枝先の葉の付根から花柄を伸ばし花茎0.5~1㎝の黄色い頭上花を咲かせる一輪のように見えるのは小さな花が集まった集合花で、花弁の中心部分の筒状花と周囲の花弁の様に見える舌状花から形成されている。目に鮮やかな小花が枝先にこぼれる様に咲く様は華やかである花色は黄色のみ

|

« 全国的な花便り    ジンチョウゲが真盛り | トップページ | ヒアシンスも咲いた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66503166

この記事へのトラックバック一覧です: 選抜野球開幕、球春!  ゴールデンクラッカーが風に揺れて:

« 全国的な花便り    ジンチョウゲが真盛り | トップページ | ヒアシンスも咲いた »