« 佐川氏証人喚問へ   カワヅサクラに遭遇した! | トップページ | アサダの花だと判った »

2018年3月16日 (金)

国会紛糾必至か    白木蓮が一気に咲いた

 自民党の歩み寄りにり国会審議が正常に復帰するという時点になって、森友に関する決裁書の書き換えは既に5日時点で、国交省から財務省と官邸へ連絡があっており、官邸はその時点で、書き換えを知っていたはずで、総理が知らなかったというのと合致しないことがわかった。又財務省の自殺した職員の「改ざんは上の指示」とのメモの発見、森友購入土地のごみ見せかけの深さ等々、改めて疑わしい事実が明るみに出始め、国会の紛糾必至の状況となって来た。これだけ騒がれれば、真実を明らかにせずには終われないのでは?
 昨日午後、雨が降る前にと思い、今にも降りそうな感じの中
近所の住宅地を歩いて来たその中で、庭木の中に白い花を付けているのを見て近づくとこれが白木蓮だった狭い区域をまわる間に、この他2軒の家の庭にも咲いておりもう咲く時期になったことを知ったつい先日歩いたときは蕾だったのに一気に咲いた感じだ曇天下の写真で暗い写真だが取りあえず、アップしておく
Photo_2 ハクモクレン(白木蓮)。別名、ハクレン、マクノリア(学名より)。原産地は中国で日本へは古い時代に渡来した樹高5~15mで庭木や公園樹とされる葉は大型で長さ10~15㎝の倒卵形だが今の時期まだは出ていない葉は互生し、短い柄があり先は尖らない又鋸歯はない質は分厚く濃い緑色裏面には脈上に微毛が生える
Photo_3 その花開花期は3月10日~4月上旬花は2~3日咲いて枯れる葉の展開に先立って花を咲かせる色は白くて満開時は強い香りを放つ外見は花びらが9枚のように見えるが3枚は萼片で花びらは6枚である花長8cm前後で、平開はしない雄蕊は沢山あり、真ん中に雌しべが一本ある花は日が当たると開き、夕方には閉じるコブシがこれより小さく、平開するが白蓮は平開しないのが特徴である

|

« 佐川氏証人喚問へ   カワヅサクラに遭遇した! | トップページ | アサダの花だと判った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もう咲きましたか!元気で立派な白モクレンですね!

投稿: 自遊人 | 2018年3月16日 (金) 16時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66499889

この記事へのトラックバック一覧です: 国会紛糾必至か    白木蓮が一気に咲いた:

« 佐川氏証人喚問へ   カワヅサクラに遭遇した! | トップページ | アサダの花だと判った »