« 向後の電力   リュウキンカが咲き始めていた | トップページ | 新燃岳噴火活発  枝垂れ梅も満開に »

2018年3月 6日 (火)

春が来た!   市街地にシキミが咲いていた

 気温は昨日の方が高かったが、一日中降ったり止んだりの悪天候でなんとなく薄ら寒ったが今日は一転して朝から晴れ上がり気温は昨日より低いので、寒いはずだが日差しは暖かく、ほんわかとして、すっかり春気分であるこのホントウの春に移り変り、桜が咲き菜の花が畑一面を覆うこの季節世の中の生あるもの、すべてがよみがえり、生き生きとしてくる感じで年中で一番好きな時期である尤も高齢となり、暖かいのが一番という事もあろうが正しく冬眠から覚める気分を味わっている
 ところで、驚いたことにシキミが市街地のアパートの敷地に咲いていた樹高は3m位の高さ故幼木ながら白い花と蕾を沢山つけていた御存じシキミは仏木でお寺、墓地などに多く植えられている故一般の植木と同じ扱いで植えられているのにびっくりしたが仏木とはいえ香気もあり、年中美しい緑色を保つ木故庭木としても悪くはないが、如何なものか
Photo_3 シキミ(樒)地方によりシキビ、ハナノキ、ハナシバなどと呼ばれる語源は四季を通して美しい→四季美(シキビ)との説実が有毒成分を持つ故、悪しき実からとも日本特有の香木とされる鑑真和上がもたらしたとの説もあるが何より年中継続して美しく手に入りやすい故古来この枝葉を仏前、墓前に供えている(悪臭を消し、野生動物を寄せ付けない故)。
Photo_4 その花3~4月に開花花は葉の付根から一つずつ出て春に咲く花びらは淡黄色で細長くやや捩じれたようになる故トキワマンサクに似た感じとなる果実は扁平で周囲に8本の突起が出ている上面が裂開して種子がでる中国、台湾、済州島と日本に分布日本では本州(宮城、石川、以西)、四国、九州、沖縄の温暖帯の山地に生育している

|

« 向後の電力   リュウキンカが咲き始めていた | トップページ | 新燃岳噴火活発  枝垂れ梅も満開に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

へえ~一般のアパートの敷地内に樒の木があるのは珍しいですね!結構大きな花が咲いていますね。これも驚きです。

投稿: 自遊人 | 2018年3月 6日 (火) 20時41分

初めて見ました。

投稿: rainbows_papa | 2018年3月 6日 (火) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66455886

この記事へのトラックバック一覧です: 春が来た!   市街地にシキミが咲いていた:

« 向後の電力   リュウキンカが咲き始めていた | トップページ | 新燃岳噴火活発  枝垂れ梅も満開に »