« サンシュユが咲いた!春 | トップページ | 森友問題混迷深める  黄梅も遅れて今頃咲いた »

2018年3月13日 (火)

「森友」決裁書改ざん    早咲き桜・アタミザクラが咲いた!

 財務省は「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書に、削除や書き換えがあったと国会に報告した。関連文書は14件で、約300ヶ所が改ざんされていた。改ざんは先日辞任した佐川前国税庁長官の答弁に合わせるように、なされてていると云われ、原本では価格決定に数名の政治家や、総理夫人の森友との関係なども記載があり、昨年総理が一切関わりがないと言い切ったことにも疑念がもたれるとも言われる。また麻生財務大臣は、佐川前理財局長以下の官僚のなせることであり、自分は全く関係ないと言っているが、所管大臣として全く責任を負わないというのは、世間では通らない理屈との批判もある。この問題、政治家の金がらみの一番規律を正すべき問題に政府上層部がかかわっているという点が大問題なのである。倫理感のかけらもない様な態度には、反発が強まる。 
 昨日、陽気に誘われ歩いていたら
JR駅前のローリーにある桜が8分咲きという状態になっていた昨年まではこれと別の民家の早咲・熱海桜を紹介していたが同じ花ながらこの木の方が大きいので今年はこちらを紹介当地では同種の桜は、毎年3月上旬に咲くが今年はやはり開花が少し遅かった様だ
Photo アタミザクラ(熱海桜)。この桜は明治初期にイタリア人によりレモンやナツメと共に熱海に伝わったとされているが沖縄の寒緋桜と関西以西に分布する山桜の交配で出来たとされる。但し、アタミザクラとして図鑑の写真を見るともっピンクの濃いものからこれの様に、白に近く、非常に薄いピンクくのものまであり開花期含めアタミザクラとされる範囲は広い
2 その花開花期は熱海では1月下旬~2月上旬とされるが当地では3月上旬~中旬尚この花は早く開花する芽と遅く咲く芽の2種を持つ故、花期が長いと言われ1か月近く咲くのが特徴花の形は梅に似ており花だけ見ると梅のような感じではあるが木肌は完全に桜の木である。

|

« サンシュユが咲いた!春 | トップページ | 森友問題混迷深める  黄梅も遅れて今頃咲いた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

春の訪れですね。

投稿: | 2018年3月13日 (火) 12時51分

アタミサクラ、初めて知りました。寒緋桜よりこれは色が薄いですね!温かくなって今年は花の開花が一気に来そうですね!

投稿: 自遊人 | 2018年3月13日 (火) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66488577

この記事へのトラックバック一覧です: 「森友」決裁書改ざん    早咲き桜・アタミザクラが咲いた!:

« サンシュユが咲いた!春 | トップページ | 森友問題混迷深める  黄梅も遅れて今頃咲いた »