« 森友問題混迷深める  黄梅も遅れて今頃咲いた | トップページ | 国会紛糾必至か    白木蓮が一気に咲いた »

2018年3月15日 (木)

佐川氏証人喚問へ   カワヅサクラに遭遇した!

 「森友学園」問題に関する決裁書書き換え問題で佐川前国税調長官(元理財局長)を証人喚問に招致することに与党も同意する意向を示した決裁書が書き換えられたことははっきりしたがこれは上からの指示によるものか佐川氏の「忖度」による独善的なものなのかが今争点となっている故である唯毎日のテレビの報道を見ている限り指示もないのに、官僚は上の意思を忖度して勝手に文書を作り上げるものなのか公務員は基本的に中立公正が求められ、時の政権に利するような勝手な作文は厳しく制限されている筈である国税庁長官にまで上り詰めるような人が、そんなへまなことを”勝手に”やる筈がないではないか当然上の意思が働いたとみるのが、至極当然な気がするが・・・政府上層部が力を入れて弁明すればするほど何か、忖度させるような雰囲気があったのでは?と思うのが普通の感覚のような気がするが・・・
 昨日郊外に出て、田舎の集落を歩いていると農家の敷地内に、桃色の花を付けた桜が咲いていた。当初先日採り上げたアタミザクラかと思い近づくとこの花で、花の中心部が赤くなっていることや木肌がアタミザクラと違う感じでこれはカワヅさくらかと思い、帰って調べるとやはりカワヅサクラと合致するので、ここにアップする
Photo カワヅサクラ(河津桜)。河津桜の原木は元々河津川沿いの雑草中にあるのが発見されその後の学術調査で、雑種の園芸品種であると判明した即ちオオシマザクラとカンヒザクラの自然交配種と判明した名の由来となった河津町では毎年2月10日~3月10日にかけて河津桜祭りが開催される河津駅から河津川までの約3kmが河津桜並木なのである
Photo_2 その花現地では1月下旬~2月にかけて開花する早咲き桜で花は桃色~淡紅色。ソメイヨシノより桃色が濃く、又花期が1ヶ月と長いのが特徴これから見て、福岡では今頃咲いていてもおかしくはない尚上記の原木は2007年時点でも元気で樹齢は50年から60年と推定されたその後現地ではこの桜が増殖されて町内全域に広がっているという

|

« 森友問題混迷深める  黄梅も遅れて今頃咲いた | トップページ | 国会紛糾必至か    白木蓮が一気に咲いた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

一昨日でしたか福岡ではいろいろの早咲きさくらが咲き始めているとニュースで言っていました。関係者は花見イベント急いでいるとか!

投稿: 自遊人 | 2018年3月15日 (木) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66496575

この記事へのトラックバック一覧です: 佐川氏証人喚問へ   カワヅサクラに遭遇した!:

« 森友問題混迷深める  黄梅も遅れて今頃咲いた | トップページ | 国会紛糾必至か    白木蓮が一気に咲いた »