« 裁量労働制に窮する政府   ツバキも種々咲きはじめた | トップページ | 地域自主組織で地方滅亡を救え!  サクラソウも咲いた。 »

2018年3月 3日 (土)

天候不順ながらも確実に春   ミツマタが咲いていた

 昨日は好天気となり、やや霞がかってはいたがもう完全に春の様相であり、感触がある寒かったせいで咲くのが遅かった花々も一斉に咲きはじめブログネタも増える故ブログを作るのも楽しくなってきた花だけでなく、葉も美しくなり、植物が生き生きとしてくるのであるそうすればその中で生きる動物も当然ながら生き生きとしてくるそんな季節の中で、政治は非常に見苦しいせめぎ合いを展開してる要するに国民の幸せファーストが政治の根幹であるべきがそれがずれてしまっているのである何を希求し、何を目指して政治をしているのかよく分からなくなってきていると感じているのは、私だけだろうか
 一昨日、ウオーキングの途次、民家の庭先に咲いていた花どこかで見たような花と思い撮って来たが名前が思い出せず昨年の植木市での写真を思い出し確認し思い出したミツマタである但し昨年は内側が赤い花だったがこれはミツマタ本来の黄色で、これから段々色づいて行くもので4月には綺麗になるだろう尚、日陰の庭のもので、ピンポケとなっていた
 Photoミツマタ(三椏)ジンチョウゲ科の落葉性の低木中国中南部・ヒマラヤ地方が原産地3~4月に三叉に分かれた枝の先に黄色の花を咲かせる故の名コウゾと混ぜて和紙の原料として使われる但し和紙に使い始めたのは16世紀以降明治になって紙幣に使われる紙の原料となっている尚花は切り花としても人気がある
Photo_2 その花花期3~4月春に咲くので春を告げる草として(実際は木)「先草」と呼ばれたと云われ、(因みにパソコンで「さきくさ」を変換すると「三又」がでる)サキサクが「三つ」の枕詞とされる故とも言われる柿本人麻呂の歌にもサキサク(三枝)が使われているとか梅や桜と同様これも葉が出る前に花が咲き園芸木として利用されているジンチョウゲと同じく小さな筒状花が集まって半球形となるこの小さな花は花弁のようだが、花弁はなく萼が裂けて反り返ったものである花色は 黄、オレンジだが園芸種では赤もあるこの花はこれから黄色が濃くなってくる。

|

« 裁量労働制に窮する政府   ツバキも種々咲きはじめた | トップページ | 地域自主組織で地方滅亡を救え!  サクラソウも咲いた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ミツマタ開花!流石に貴地は早いですね!

投稿: 自遊人 | 2018年3月 3日 (土) 17時46分

おっしゃる通り、花々の開花、新緑が楽しみですね。

投稿: rainbows_papa | 2018年3月 4日 (日) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66451201

この記事へのトラックバック一覧です: 天候不順ながらも確実に春   ミツマタが咲いていた:

« 裁量労働制に窮する政府   ツバキも種々咲きはじめた | トップページ | 地域自主組織で地方滅亡を救え!  サクラソウも咲いた。 »