« 高校、近現代史必修へ   ヤブツバキも咲きはじめている | トップページ | 羽生連覇なる!   梅開花遅く、紅梅が先に咲いた »

2018年2月17日 (土)

咲き始めのキンギョソウ

 この花はまだ苗のような状態で約3週間前に花好きのお家の花壇に植えられたキンギョソウだが、その頃より、今季一番の大寒期に入り開きかけの花が、そのままの状態であるで、取敢えずここで一度アップする
Photo キンギョソウⅠ(薄紫)。金魚草には多くの種類があり且つ開花期も違っており周年咲いている感じだこの花は多分、昨秋発芽させて苗として売られていたものだろう原産地は地中海地方で英名ではこれを龍に見立てて、スナップドラゴンの呼称がある日本では金魚に見立てての名である
Photo_2 キンギョソウⅡ(ピンク)。品種が多く草丈1m以上の高性種こんもり茂る小型種その中間タイプがあり切り花や花壇、鉢植えと幅広く利用されるが、いろんな花色を取り混ぜた花壇植が一番多いようだ種から容易に育てられるので種蒔きから植えて咲かせるのも楽しいかも。
Photo_3 キンギョソウⅢ(白)。一重咲き、八重咲の他の品種もあり全く違う印象を受ける処だがこの写真のはまだ開ききっていないので花形もまだはっきりしない状態であるが多分同じ種類の色違いだろう多年草だが、高温多湿の蒸れに弱いことから一年草扱いする事が多い

|

« 高校、近現代史必修へ   ヤブツバキも咲きはじめている | トップページ | 羽生連覇なる!   梅開花遅く、紅梅が先に咲いた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ストックやこの金魚草は今庭園を飾っていますね!

投稿: 自遊人 | 2018年2月17日 (土) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66389328

この記事へのトラックバック一覧です: 咲き始めのキンギョソウ:

« 高校、近現代史必修へ   ヤブツバキも咲きはじめている | トップページ | 羽生連覇なる!   梅開花遅く、紅梅が先に咲いた »