« 臓器移植に代わる人工臓器  満開となった山茶花 | トップページ | 三寒四温で寒さ感じる   早くもお多福面設置 »

2018年1月27日 (土)

米国TPP見直し言及  ツルハナナスの苗木に花

 トランプ米大統領は26日、スイスで開催中の世界経済フォーラム年次総会で演説し、「環太平洋パートナーシップ協定(TPP)」について、「すべての国の利益になるなら交渉を検討する」と述べた日本政府からは歓迎の声が上がっているというがどこまで本気で復帰を考えているか不明で、「真意を見極める必要がある」と慎重な構えでいるというのは、トランプ大統領は復帰の前提として12ヶ国の合意内容を米国に有利な条件に見直すことを示唆再交渉となれば長期間を費やすことは必至で日本政府は「基本的に再交渉は受けられないとに姿勢である茂木経再担当相も「まずはTPP11を発効させることが優先だ」との考えを強調したようやくここまでまとめ上げたものをもう壊したくないとの心情であろう
 今日は、昨年暮れに買って来たツルハナナスを植木鉢に植えていたところ
それに花が付いて、嬉しいのと、不思議に感じた(花が咲くのが)のでアップしておく
1 ツルハナナス(蔓花茄子)別名ソラナム、或いはヤマホロシと称されるものこれは小さな苗を昨年暮れ鉢に植えたすぐ2輪が咲き寒さに消えたが今頃また花2輪がついたもの一般には1年目は木の充実で花は2年目からと言われていたのでアップしておく
Photo ツルハナナス2細いつるに小さな花(径1㎝位)で見づらいので少し近づき撮ったもの常緑つる性の低木だが蔓の伸長力が大きく地植えするとどんどん伸びて、蔓は2~3mになる由冬は寒風に晒され枝の一部が枯死することもあるが基本的には常緑を守るつるの整枝のため、枝の徒長枝は剪定して形を整える葉は互生し3~8㎝の先の尖った卵状披針形
Photo_2 その花本来の花期は4月~11月多花性で小さな花を沢山つける花色は紫から淡いラベンダーそして白へと変化する別に白色花もある形と色が茄子の花に似る故の名前である花の径は1㎝前後3~6個の集散花序花冠は5つに分裂し裂片は長さ約4㎜反り返り、基部が濃紫色2個の白色~緑色の点(eye)がある雄しべは5個雌しべを取囲んで、直立する葯は2.5~3.5㎜花糸は0.5㎜。9~11月に液果が赤く熟する

|

« 臓器移植に代わる人工臓器  満開となった山茶花 | トップページ | 三寒四温で寒さ感じる   早くもお多福面設置 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

可愛いマナですね!苗木を買われたのでしょうか?

投稿: 自遊人 | 2018年1月27日 (土) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66320420

この記事へのトラックバック一覧です: 米国TPP見直し言及  ツルハナナスの苗木に花:

« 臓器移植に代わる人工臓器  満開となった山茶花 | トップページ | 三寒四温で寒さ感じる   早くもお多福面設置 »