« ノーマークだった白根山噴火  ワスレナグサ・モナミブルーが咲いている | トップページ | 臓器移植に代わる人工臓器  満開となった山茶花 »

2018年1月25日 (木)

白根山水蒸気噴火?   黄水仙が出始めた

 草津本白根山で発生した噴火について、気象庁は、噴出物にマグマ成分がが含まれてないことから水蒸気噴火(マグマに加熱された水蒸気の噴出)の可能性が高いと24日発表した一方、現地で観測を続ける東工大チームは噴火が複数の場所に起こり、最大で1m程度の噴石があったと発表している尚、気象庁は現時点ではその兆候はないが噴火を繰り返す中で次第に変わって行くことがあるとも述べている同庁は、24日2回の火山性微動を観測しており微動の発生により、地殻変動を示す傾斜景にも変化があったと言っている現在の噴火が収束しな限り、安心はできないという状況と言えよう
 最近ようやく黄色の水仙が店頭に並び始めた白い日本水仙より咲きはじめが遅く野生種ではなく園芸種故、出始めは一斉に出てくるその店頭での黄水仙を紹介する
Photo キズイセン(黄水仙)。本当のキスイセンという種は、学名Narecissus jouguille L葉は細く、イグサ状の葉が特徴で糸水仙、糸葉水仙、ニオイスイセンの別名がある学名のジョンキルスイセンで呼ばれることもあるが現在は色々な色の園芸種が作れられているため、キズイセン=ジョイルスイセンとは言い辛いようだ従って黄花種とした方が正しいともある
Photo_2 その花上記に黄水仙の事を記したがこの写真の水仙の葉の形状が上記の記述に合致するのか否かも不明よって、日本水仙の黄花種との理解が正しいであろう尚花の構造や形状については既に白の日本水仙で説明済み故省く唯黄色水仙では副花冠の色が黄色と、赤色があり又形状もラッパ型と筒状があるがこれは黄色で少し長い筒状である

|

« ノーマークだった白根山噴火  ワスレナグサ・モナミブルーが咲いている | トップページ | 臓器移植に代わる人工臓器  満開となった山茶花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この写真は園芸店で鉢植えが沢山並んでいる情景なのですか?

投稿: 自遊人 | 2018年1月25日 (木) 13時56分

自遊人さんへ。書いて居る通り、園芸店の店頭です。

投稿: 山猿 | 2018年1月26日 (金) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66309094

この記事へのトラックバック一覧です: 白根山水蒸気噴火?   黄水仙が出始めた:

« ノーマークだった白根山噴火  ワスレナグサ・モナミブルーが咲いている | トップページ | 臓器移植に代わる人工臓器  満開となった山茶花 »