« 方言でこそ心情を(芥川賞)   レモンが熟れた | トップページ | ビワの種は毒?   紅葉のお多福南天 »

2018年1月18日 (木)

イプシロン打上成功   ブンタンも収穫期に

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日午前6時高性能小型観測衛星「ASNARO2」を載せた固体燃料ロケット「イプシロン」3号機を内之浦宇宙空間観測所から打ち上げた52分後は衛星を予定の軌道に投入し打ち上げは成功した3号機は全長約26m、重さ96㌧で打ち上げ費用は45億円イプシロンは「H2A」よりもコンパクトで国内外で急増する小型衛星の打ち上げ需要に対応するために開発された今回、初めてJAXA以外の衛星を打ち上げた今後も民間からの打ち上げ受託を狙うアスナロは経産省の支援を受けてNECが開発悪天候や夜間でも地表を観測できるレーダーを搭載し1㍍の物体を識別でき自然災害の状況把握などに活用できるという地表を隈なく探査できるようになりつつあるいい様な恐ろしい様な話である
 柑橘類のとどめはやはり最大で且つ収穫が一番遅いブンタン温州ミカンや夏柑のごとく何処の家の庭にもある訳ではないやはり大きくて日常的に食するものでもない故夏ミカン畑や広い農家の庭にある程度で謂わば珍しい方に部類する
Photo ブンタン(文旦)。ボンタンとも言い標準和名はザボン(朱欒)原産地は東南アジア、中国南部、台湾などで日本には江戸時代初期に渡来日本への伝来地は鹿児島県阿久根市とされ生産量も最も多い樹高は3mにもなるブンタンは自然交配によりブンタンの血引いた品種を生み出しグレープフルーツ、ナツミカン、ハッサクなどはブンタンの血を引いている
Photo_2 その果実果肉が赤い品種を朱欒(ザボン)、果肉が淡い黄色の品種をブンタン(白欒)とと呼び分けたとも言う果実は品種により直径15~25㎝重さ500g~2kgと色々ある果肉は果汁が少なく独特の甘みと風味を持つ収穫は年末ごろ行われる事が多いが採取仕立ては酸味が強すぎるので数果ヶ月間貯蔵してから、酸味を減らした後に出荷される食品加工の原料としても用いられ皮や果肉を砂糖漬けしたザボン漬、マーマレードボンタンアメなど作られる

|

« 方言でこそ心情を(芥川賞)   レモンが熟れた | トップページ | ビワの種は毒?   紅葉のお多福南天 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

流石は貴地はいろいろの柑橘類が身近にみられるのですね!スーパーではミカンが終わりに、デコポン(不知火)が出てきました。

投稿: 自遊人 | 2018年1月19日 (金) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66292239

この記事へのトラックバック一覧です: イプシロン打上成功   ブンタンも収穫期に:

« 方言でこそ心情を(芥川賞)   レモンが熟れた | トップページ | ビワの種は毒?   紅葉のお多福南天 »