« 紅葉のドウダンツツジ | トップページ | 米、エレサレム首都認定   ヤツデが長く咲いた »

2017年12月 9日 (土)

冬 夜の帷が降りる頃

今日は花ではなく、風景少し遅い時刻(午後4時頃)に家を出て小一時間歩いて帰途についていた頃釣瓶落としとはよく言ったもので急に日暮れとなった風景1枚だけ切り取っても何の変哲もないが周囲の様相が急変しつつある風景を載せてみた
Photo_3 日暮れの銀杏1本だけ、葉がまだ残っている銀杏の木が周りの葉が落ちた裸木にの取り残されたように立っているのが、非常に印象的であった夕暮れはそもそも寂しい感じがするものだがこの「取り残された」感じがなんとも淋しげであった
Photo_4


 街路灯が点灯空には薄雲に夕映えが残り薄っすらとした夕焼けあり目を下に転じると街路灯が点灯したばかりであった所謂夜の帷(トバリ)が降り始めた瞬間とも言えようか冷え込みも急に強まった感じで昼から夜への丁度変わり目の風景なのである

|

« 紅葉のドウダンツツジ | トップページ | 米、エレサレム首都認定   ヤツデが長く咲いた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日の入りが4時台になるとさすがに日暮れが早く感じますね!

投稿: 自遊人 | 2017年12月 9日 (土) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66139261

この記事へのトラックバック一覧です: 冬 夜の帷が降りる頃:

« 紅葉のドウダンツツジ | トップページ | 米、エレサレム首都認定   ヤツデが長く咲いた »