« ハゼノキの紅葉 | トップページ | 冬 夜の帷が降りる頃 »

2017年12月 9日 (土)

紅葉のドウダンツツジ

 このところ、福岡は裏日本特有の天候即ち曇りがちで時々小雨、場合によっては風が強く吹く要するにカラッと晴れ上がることが少ないだからどうしても外出が億劫になる体調を維持するためには外の風に当り、体を動かさなきゃと思いながらぬくぬくと暖房の部屋で、テレビを眺めるか、本をよむテレビを見ていると今世の中で何起きているかはわかるがいろんな出来事につきいろんな人その道の権威らしいがが出て解説すが意見の違う人を複数以上出すことはあまりしないから間違った意見でも信じてしまいかねないそうゆう意味では、ややへそ曲がり的視点でテレビは見ないと真実が見えないかも。
  郊外に出て、あるいていると高さ2m強でm長さ8m位のドウダンツツジの生垣が真っ赤に色付いているのが遠望されたので、近づいて撮ったせいぜい腰高位の生垣はよく見るがこの様に大きな木は初めて見た特に紅葉が真っ赤な感じに成っていて見事なもの
Photo ドウダンツツジ(満天星躑躅)。単にドウダンとも呼ぶドウダンは枝分れの様が、「結び灯台」に似る故トウダイが転じてドウダンとなったという原産地は日本で本州、四国、九州の温暖な岩山に生えるが自生地は少ない由庭木や植え込みとして植えられ特に枝分かれが多く密なので生垣にはよく使われる関東以西の温暖な地に多く植えられる
Photo_2 花と紅葉花期は葉が出てから約1週間後(4月上旬~5月中旬で地方差がある)。花序は散形花序で白色の釣鐘のような感じの5mmほどの小さな花をつける葉は菱形に近く大きさは普通2㎝で大きなものは5㎝にもなる新緑、花期、紅葉と見時が多い紅葉は寒冷地で10月中旬~11月上旬温暖地で11月~12月中旬で写真の様に真っ赤に紅葉する。

|

« ハゼノキの紅葉 | トップページ | 冬 夜の帷が降りる頃 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アップがきれいに(色合いも)撮れましたね!

投稿: 自遊人 | 2017年12月 9日 (土) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66135351

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉のドウダンツツジ:

« ハゼノキの紅葉 | トップページ | 冬 夜の帷が降りる頃 »