« 首都圏の介護難民  ダリアが今時分綺麗に咲いている | トップページ | 長射程ミサイル検討か   菊Ⅱ 園芸菊も咲いている »

2017年12月 5日 (火)

急激な寒波到来  細葉柊南天が花を付けていた

 今日は予報通り、当地福岡では、山間部では雪が降っているらしいが市内では霙気味の小雨が少し降っている程度最高気温6℃、最低気温4℃というから例年の1月末頃の一番寒い時に近い気温前以て、真冬用の下着を着こんで構えていたが左程のことはなさそうだ少しづつ寒さに慣れて行けばいいが小春日和からいきなり厳寒というのは対応能力の落ちた老人には応えるやはり日ごろの鍛錬が必要であったかと反省中
 最近できた新しい家の塀際の花壇に植えられた細葉柊南天高さがまだ80㎝位の幼木ながら立派に花を付けていたので撮って来たこの花も、例年よりは若干遅く咲いている感じがする
Photo ホソバヒイラギナンテン(細葉柊南天)。原産地は中国日本へは明治時代の初期に渡来樹木に分類され樹高は1~2葉は奇数羽状複葉鳥の羽のように左右に小葉が並び、先に小葉が1枚つく)で、互い違いに生る(互生)。小葉の形が細長い楕円形である故に細葉の名がつき類縁種の柊南天に似る故の名前縁には先が棘状に尖った鋸歯がある
Photo_2 その花花期は9~11月葉の腋に総状花序柄のある花が花茎に均等に付くを出し黄色い小さな花を沢山つける花弁の様に見えるのは萼片である花弁は萼片の内側にあり、この写真では見づらい実は球形の液果果皮が肉厚で駅樹が多い実)で翌年2~3月に藍色に熟す

|

« 首都圏の介護難民  ダリアが今時分綺麗に咲いている | トップページ | 長射程ミサイル検討か   菊Ⅱ 園芸菊も咲いている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大分花数を増やしてきましたね!

投稿: 自遊人 | 2017年12月 5日 (火) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66120363

この記事へのトラックバック一覧です: 急激な寒波到来  細葉柊南天が花を付けていた:

« 首都圏の介護難民  ダリアが今時分綺麗に咲いている | トップページ | 長射程ミサイル検討か   菊Ⅱ 園芸菊も咲いている »