« 新幹線初重大インシデント  タチバナも実が一杯 | トップページ | キンポウジュが咲いていた »

2017年12月14日 (木)

高裁、伊方原発差し止め   レモンも色づいて来た

 愛媛県の四国電力の伊方3号機は2015年、国の原子力規制委員会が作成した新規制基準による安全審査に合格し昨年8月に再稼働した其れまで、ここの立地では避難路が確保できず特に原発より岬の先にある住民袋小路で問題であったそれを避難船をを使用するという実際には非現実的な手段案を了としての再稼働であったこれらを含め断層帯の真上である事も含め”危険な原発”であった是に対し、住民が求めた仮処分抗告審で広島高裁(野々上裁判長)は13日地裁決定を覆し、四電に原発の運転差し止めを命じる決定をした理由は「阿蘇山の火砕流が敷地に到達可能性が十分小さいとはいえない立地として不適」と断じ重大事故で、「住民の生命・身体への具体的危険がある」と認めた阿蘇山の火砕流が四国の愛媛に到達するとはなかなか考えづらいが何万年に一回の大爆発は過去何回も起きていることから否定は出来ないこれから行けば九電の川内(霧島火山もある)、玄界もその範疇に入る原発への危険性はこれを基準にすべきだ大いなる賛同を表したい
 柑橘類のついでにレモンまで載せて置くレモンは余り大木にならずとも自家消費分ぐらいは生るので庭木として左程場所を取らない故か大概の昔からの家には1本ずつ植えてある。
Photo レモン(檸檬)。英名Lemon 、学名 Citrus limon 原産地はヒマラヤ東部柑橘類の中では四季咲き性の強い品種で鉢植えも出来る。樹高は3mほど枝に棘があり、葉は厚みがあり菱形又は楕円形、縁は鋸歯状耐寒性はー2~4℃までとありやはり冬暖かく、夏は乾燥する地域が栽培向き日本では温州ミカンの栽培地と同じで西日本の暖地、特に瀬戸内地方が盛んである
Photo_2 花と実紫色の蕾をつけ白ないしピンクで強い香りのする5弁花を咲かせる果実は紡錘形(ラグビーボール状)で先端に乳頭と呼ばれる突起がある最初は緑色しているが熟すと黄色になりライムにも似る1630年代にフランスでは砂糖とレモンの供給が拡大してレモネードが一般的な飲み物となって健康的な飲み物として1870年代以降消費が拡大したという

|

« 新幹線初重大インシデント  タチバナも実が一杯 | トップページ | キンポウジュが咲いていた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

完熟レモンはやはり酸っぱいのですかね!

投稿: 自遊人 | 2017年12月14日 (木) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66150171

この記事へのトラックバック一覧です: 高裁、伊方原発差し止め   レモンも色づいて来た:

« 新幹線初重大インシデント  タチバナも実が一杯 | トップページ | キンポウジュが咲いていた »