« 日ハム・大谷選手の交渉解禁  大木サザンカ咲いている | トップページ | 急激な寒波到来  細葉柊南天が花を付けていた »

2017年12月 4日 (月)

首都圏の介護難民  ダリアが今時分綺麗に咲いている

 今朝の毎日新聞の社説の一部を、極く大まかに要点のみ紹介今更この社説を読まなくとも判っている事だが目先の自分のこと以外、あまり真剣に考えないいや考えてもどうしょうもない現実なのだだからこそ要点だけでも心して欲しい2020年東京五輪後即ち4年後以降東京には超高齢化社会が到来する。「団塊の世代」が一気に高齢化する故だこれに伴い最も深刻化するのが、介護や医療の問題だ社会保障の危機は東京を中心とする大都市圏で最も早く顕在化する当然これより若干遅れで地方都市にも同様の問題は押し寄せてくる75歳以上の後期高齢者では3人に1人が要介護者になる対して介護する側の前期高齢者は20人に1人その差は7倍介護サービスが受けられない「介護難民」が、1都3県で13万人になるという早急に対応のビジョンづくりと対策の具体化を図らねばならぬタイムリットに近づきつつある
 今日はダリアこの花は住宅街の中の小さな花壇に一株だけ咲いていたものアパートのかげ乍ら、日当たりよく、風当たりのない場所なので添え木もなくしっかり立って咲いている今時分咲いているのは単に遅咲きか帰り咲か判らぬがまだ蕾も持っている
Photo ダリア(Dahlia)。和名テンジクボタン(天竺牡丹)。たまたま見たこれと全く同じ花の品種が園芸品種で、名は Dahistar Sunset Pink とあった。メキシコ原産でヨーロッパへは1789年にスペイン・マドリード王立植物園に導入1842年(天保13)、オランタから゙長崎に入ったのが日本への最初の渡来球根は非耐寒性で塊根だが、不定芽を生じる能力なく地下茎の芽を塊根に付けて切り離し殖やす
Photo_2 その花開花期7~10月花の大きさ区分では小輪(径3~10㎝) に属する実にやさしいピンク色の花夏から秋にかけて開花日本に渡来以降、長い間品種改良が行われ多種多様の花色、花容の品種が作りだされた花色は赤、オレンジ、黄、白、ピンク、藤色、ボタン色、紫など絞りやコラレット咲は花弁(大きな舌状花)とカラー(筒状花を撮り囲む小さな舌状花)の色の違う2色咲きもある

|

« 日ハム・大谷選手の交渉解禁  大木サザンカ咲いている | トップページ | 急激な寒波到来  細葉柊南天が花を付けていた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

立派なダリアですね!

投稿: 自遊人 | 2017年12月 4日 (月) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66116742

この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏の介護難民  ダリアが今時分綺麗に咲いている:

« 日ハム・大谷選手の交渉解禁  大木サザンカ咲いている | トップページ | 急激な寒波到来  細葉柊南天が花を付けていた »