« タチバナモドキも沢山実を付けた | トップページ | ヒャクニチソウが咲き続けて »

2017年11月 2日 (木)

ファリナセアが咲き続けている

 昨夜の日本シリーズソフトバンク手も足も出ない状態で負けとなりこの勢いをかって、ひょっとしてDeNAが走り出すのでは? という一抹の不安がないでもないが今夜こそ決めて欲しいものだというのが大方のソフトバンックファン頑張れ!ソフトバンク
 運動公園の花壇の花も少しずつ減ってきたが今日の花、ファりナセアは未だに元気咲き続けている。が、そろそろ終わりであろうから掲載しておく正式にはサルビア・ファリナセアだがブルーサルビアと呼ばれることが多いらしい
Photo サルビア・ファリナセア(Salvia farinacea)。北アメリア原産の1年草で、テキサス州、メキシコに自生するサルビアで、日本には昭和初期に渡来した耐寒性が低く、冬の寒さで枯れてしまうことが多いため日本では、春撒き一年草として扱われる葉幅の狭い楕円形から卵型で縁にわずかに鋸歯があり茎に対生している草丈30~60㎝程度
Photo_2 その花花期は5~10月と云われ、そろそろ終わり。茎の頂部に又は上部の葉の付根から花穂を伸ばし花径1㎝程度の花を穂状に咲かせる。花穂の長さは15~30㎝になり初夏から秋の間次々と花を咲かせ続ける花はシソ科ゴマノハ科の植物によくみられる唇形花で、美しいブルーの花色をしている。基本種の花色は青から青紫だが白花品種も流通しており、ホワイトサルビアとも呼ばれる

|

« タチバナモドキも沢山実を付けた | トップページ | ヒャクニチソウが咲き続けて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65994284

この記事へのトラックバック一覧です: ファリナセアが咲き続けている:

« タチバナモドキも沢山実を付けた | トップページ | ヒャクニチソウが咲き続けて »