« 黄葉の目立つ大銀杏他 | トップページ | 砂ゼロのアサリ出現  ヒサカキが咲き続けている »

2017年11月27日 (月)

相撲協会調査本格化へ   柿も豊作

 日馬富士の暴行問題に関し相撲協会の危機管理委員会は今回の日馬富士の暴行問題に関し九州場所が終わった今日から、調査を本格化させる警察の事件捜査とは別に、協会としての処罰を行うためである但し、貴の花親方は一切を警察に任せるとして協会の調査には一切関わらないとしている尚、今日は夕刻に横綱審議委員会が開催され横綱・日馬富士に関し審議が行われる予定即ち横綱にあるまじき行為であったとすれば相応の懲罰が果せられる事になる当然日本相撲協会の綱紀を守るために行われる処罰であ現段階では予断は許されない
 今の柿は、立っている場所により、その姿はまちまち風が遮られ、日当たりよければこの写真の如く、まだ緑の葉が散らず残り、柿も沢山なっている風通しがよければ冷たい夜の風を受け、葉は紅葉し。実も熟柿となっている周りに何もなく、強い風を受ける場所では葉は殆ど散ってしまい、熟柿も数個残っているだけいろんな姿が見れるわけだこの柿はフユウガキ(富有柿)即ち御所柿である果樹園芸での富有柿はも少し平たく大きいがこのような民家の昔からの富有柿はそれよりやや丸みを持つ
B_3 フユウガキ(富有柿)。元々地名から御所柿と呼ばれたもの1820年頃、岐阜・瑞穂市の小倉ノブが家の近く植樹したものが柿栽培の始まり各地に栽培が広がり、1898年にはこの御所柿が「富有柿」の名に統一されブランド化された現在は西日本中心に各地で栽培。甘柿では最も生産量が多い寒いと渋が抜けないので関東以西に多い
B_2 その実晩生の代表品種で11月中下旬が収穫期になる完全甘柿で、甘味が強く肉厚、果肉が柔らかい280g程度になる様栽培できるのが特徴花は雌花のみが付き単為結果性(受粉に寄らず、何かの刺激で結実する、種子がない)がやや低いため安定生産のためには受粉の必要がある早期落果性も、後期落果性も低いという

|

« 黄葉の目立つ大銀杏他 | トップページ | 砂ゼロのアサリ出現  ヒサカキが咲き続けている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

福岡の早生柿と言うのを(10月中旬)を食べましたが一味違う美味しい柿でした。柿は近畿では奈良が産地ですが、貴地有名産地のようですね!

投稿: 自遊人 | 2017年11月27日 (月) 15時10分

美味しそうな柿です。
富有柿は、平たいもんとばかり、思っていました。

投稿: rainbows_papa | 2017年11月28日 (火) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66084516

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲協会調査本格化へ   柿も豊作:

« 黄葉の目立つ大銀杏他 | トップページ | 砂ゼロのアサリ出現  ヒサカキが咲き続けている »