« 恐竜はなぜ消えた? 若葉から紅葉まで楽しめる風鈴ガマズミ | トップページ | 漸く秋めいて  ビナンカズラも真っ赤な実を付けた »

2017年11月12日 (日)

TPP11大筋合意  リンゴ長寿紅が目立つ

 

 TPPはアメリカが抜けて11ヶ国で大筋合意し、TPP11としてスタートすることになり若干の調整事項の解決が残っているので来年初めの署名や発効には不安を残しているTPP11が発効すると参加国間で大半の農産品や工業製品の関税が撤廃・削減され輸入品価格の低下を通じて消費者に広く恩恵が及びそうだ唯、牛・豚肉などは主要輸出国の米国が離脱したことから余り恩恵はないTPPの合意内容では、日本の農産品や工業品など全9018品目のうち、95.1%で関税が即時、又は一定期間かけて撤廃されるこうなってくると、消費者にはいいが生産者である農家、特に零細農業では成り立たなくなる当然農業の構造改善は早くから論議されているが終局的には零細農家の切り捨てとならざるを得ない如何に農業の改革を進めるかが重要課題である
 実(ミ)物第2弾はリンゴ長寿紅
園芸用で花、実を楽しめ、冬に収穫して食用に出来るという、無駄がなく十分に楽しめる木である。これは植木市で撮って来たもの
Photo リンゴ・チョウジュコウ(長寿紅)。長寿紅といういい名前である。姫リンゴと称している場合もあるようだが一般に姫リンゴは径1.5㎝位のもの言うので、区別される樹は大きくなるが鉢植えの場合は樹高1m位が適しているとか実がゴルフボール大なので離れての鑑賞もよし12月に色づいて、1月には収穫して菓子原料やジャム加工も可能
Photo_2 その実4月下旬~5月上旬に白い綺麗な花を咲かせる1本で自家受粉するので必然的に実が生る花後の6月頃、実が出来始め花が沢山咲いても大半は落ちて、自然に樹が支えられるだけの実を残すという故に無駄な摘果は不要である11月頃より色づき始め12月には葉が落ちてしまい実だけが残る1月には収穫してリンゴ入りの菓子やジャムも作れる

|

« 恐竜はなぜ消えた? 若葉から紅葉まで楽しめる風鈴ガマズミ | トップページ | 漸く秋めいて  ビナンカズラも真っ赤な実を付けた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66029618

この記事へのトラックバック一覧です: TPP11大筋合意  リンゴ長寿紅が目立つ:

« 恐竜はなぜ消えた? 若葉から紅葉まで楽しめる風鈴ガマズミ | トップページ | 漸く秋めいて  ビナンカズラも真っ赤な実を付けた »