« トランプ米大統領初来日   嫌われたタデ | トップページ | ゴルフ外交の記録  山法師ホンコンエンシスという花があった »

2017年11月 7日 (火)

トランプ旋風去りて   白萩が咲いていた

 正に旋風が通り過ぎるが如き慌しいトランプ大統領の来日だった日米の蜜月関係を演出する行事がメジロ押しで、テレビ実況を見ていても、両首脳が和やかな笑顔をふりまき、両国の親密さを強く印象付けた感じだった。が、矢張り米大統領は日本への要求はそれはそれできっちりと念押しされた様だ。即ち、赤字となっている日米輸出入関係の米国赤字の削減を強く求められたこと。そしてもひとつは、米軍。自衛隊の一体化との表現で軍事費の応分の負担を求められたことであるどちらも受け入れを安倍首相は明言したわけではないが要求に沿うべく努力する意は表した交渉はギブ&テイクが原則だが軍備力の強化は安易に受け入れられない憲法上の放棄規定に反することも再認識しておいてほしい
 今日は季節外れながら、シロハギ(白萩)。
歩いていたら、石垣の上の畑にある木から石垣に沿って枝が垂れて花を付けていたもの今頃遅咲きだが珍しく私にとっては初めてのシロハギ撮って来たもの
Photo シロハギ(白萩)。別名シロバナハギ原産地日本、韓国、中国シロハギは宮城野萩の変種で園芸種として植えられ野生種は存在しない由日当たりの良い公園や庭に植栽される落葉広葉低木樹高1.5~2m全体に絹状の伏毛がある葉は3出複葉で互生し長さ2~3㎝の楕円形先端は鈍頭かわずかに凹む冬には枯れ、毎年新しく枝を出す
Photo_2 その花9~10月に開花垂れ下がった枝の葉腋から総状花序を出し白色の長さ約1.5㎝の清楚な蝶形花を咲かせる果実は先の尖った扁平な卵形の莢長さ約8㎜で1個の種子が入る

|

« トランプ米大統領初来日   嫌われたタデ | トップページ | ゴルフ外交の記録  山法師ホンコンエンシスという花があった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今頃萩が残って花をつけているのは珍しいですね!

投稿: 自遊人 | 2017年11月 8日 (水) 07時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66005650

この記事へのトラックバック一覧です: トランプ旋風去りて   白萩が咲いていた:

« トランプ米大統領初来日   嫌われたタデ | トップページ | ゴルフ外交の記録  山法師ホンコンエンシスという花があった »