« トランプ外交の成否  クラリンドウも咲き始めた | トップページ | TPP11大筋合意  リンゴ長寿紅が目立つ »

2017年11月11日 (土)

恐竜はなぜ消えた? 若葉から紅葉まで楽しめる風鈴ガマズミ

 タラ、レバのはなしで恐縮だが東北大が英科学誌サイエンティフィックリポーツに発表したもので6600万年前に地球に落ちた巨大隕石の衝突地点(メキシコ・ユカタン半島付近)が、実際よりも、数百キロずれていれば恐竜は絶滅せずに現在も繁栄していた可能性があるこの巨大隕石は直径約10キロで衝突で、地中から放出されたすすや硫酸塩の粒が太陽光を遮り地球が急激に寒冷化(スパコンでの計算)したことにより絶滅した。というもの。結果人類が発生した故、今我々が生存しているでなければ(落下地点が数百キロずれていれば)、地球は今でも恐竜の世界だったかも。という話
 花の少ない時期になり、実が目に付くようになったので、しばらく実を採り上げる今日は風鈴ガマズミという木の実で、赤いので遠くからでも目立つ木写真のは少し葉が枯れかかっているが青い葉に真っ赤な実の場合はそのコントラストが美しい筈。
Photo フウリンガマズミ(風鈴莢迷)。中国の中央部・西部に自生する落葉低木の園芸種秋に垂れ下がる果実を風鈴に見立てての名前葉は日本のガマズミより細長く新しい葉は銅葉のような色合いで展開するのでとても綺麗だというそれがしだいに緑に変わり花を付け夏に付けた実秋に赤くなるそして葉は紅葉し、1年中楽しめる葉は日本のガマズミより細長い
Photo_3 その実果実のなる前に咲く花は小さく真っ白な花が寄って咲きそれそれで美しい。尚、花の前に春先より芽を吹く若葉は銅葉で美しく緑に変わる頃花が咲き始め花終わる夏7-8月に付いた実が秋には黄橙色から今頃鮮赤色へと変わって行く実の鑑賞期は9~11月尚日本のガマズミの実は上向いて付くがこれは下向きにぶら下がるので風鈴の名がつく

|

« トランプ外交の成否  クラリンドウも咲き始めた | トップページ | TPP11大筋合意  リンゴ長寿紅が目立つ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

可愛い実ですね!貴宅の庭木でしょうか?

投稿: 自遊人 | 2017年11月11日 (土) 18時55分

自遊人さんへ:これは私のウオーキン途次にある他所の庭木です。道路に面しているのを撮らせてもらったもの。

投稿: 山猿 | 2017年11月12日 (日) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/66026473

この記事へのトラックバック一覧です: 恐竜はなぜ消えた? 若葉から紅葉まで楽しめる風鈴ガマズミ:

« トランプ外交の成否  クラリンドウも咲き始めた | トップページ | TPP11大筋合意  リンゴ長寿紅が目立つ »