« 選挙、台風の影響は?  コバノセンナが満開 | トップページ | 台風の中の衆院選  カンナも終わりに近い »

2017年10月21日 (土)

経済好調の因は? セイタカアワダチソウが元気に咲く

 ここんところ、安倍首相は選挙応援演説で今の日本経済が比較的順調なのを捉え安倍政権の経済策の効の様に吹聴している。が、「現在世界経済には暖かい日差しが降り注いでいる。IMFの世界経済見通しも今月若干だが上方修正された。最近の日本経済が比較的好調なのも最大の要因は海外経済の好調さにある。」と新聞のコラム欄にはある大方の人も後者の見方をしており安倍政権の経済政策の結果とは思っていないのでないか故にこれを強調すればするほど、安倍政権が一体何をした?と云われかねないのだが選挙はもう明日だ今からでは遅すぎるが、日本はどうして今時分、大金を使って選挙を強行したのかわからない安倍一強の念押しをしたかっただけなのか其れをやらなきゃ危ない!という危機感があったのか貧富の格差拡大だけを推し進めている気がする。
 セイタカアワダチソウが咲だしたが依然の様には繁茂してないそれは根から周囲の植物の生育を抑制する物質を出しその物質で自身も抑制される故でアレロパシーという現象だそうだ結果背丈も余り伸びず繁茂もしないようになってきたそれを逆手にとってこの写真は駐車場の端に観賞用に伸ばしたものである
Photo セイタカアワダチソウ(背高泡立草)。萩の代わりに花を観賞し茎はすだれにされた故代萩の別名がある北アメリカ原産切り花用として導入された帰化植物蜜蜂の蜜源植物として養蜂者が全国に広めたとか河原や空き地に群生する高さ1~2.5m茎は下の方で殆ど枝分れしないが先の方では花を付ける枝を多数出す
 Photo_2その花花期は10~11月花序は全体として円錐花序となり、個々の枝は小さな頭花を総状に多数つけるそのような横枝が主軸に対し直角に近い大きな角度をなして広がる。つまり主軸が上に伸びるのに対し多数の花を付けた横枝が水平に近い方向へ伸びる総苞は3.2~5㎜舌状花の花冠は長さ4㎜種子だけでなく、地下茎でも増える分布の北限は北海道の一部だったが繁殖域が北上しているという。 

|

« 選挙、台風の影響は?  コバノセンナが満開 | トップページ | 台風の中の衆院選  カンナも終わりに近い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これはまた大きなセイタカアワダチソウですね!アレロバシー現象、最近解ってきたことなのでしょうか!

投稿: 自遊人 | 2017年10月21日 (土) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65943072

この記事へのトラックバック一覧です: 経済好調の因は? セイタカアワダチソウが元気に咲く:

« 選挙、台風の影響は?  コバノセンナが満開 | トップページ | 台風の中の衆院選  カンナも終わりに近い »