« 民進党分裂で終わり?  オクラの花もそろそろ終わり | トップページ | 希望の党の公約は?   まだ咲いているノカンゾウ »

2017年10月 4日 (水)

希望・民進の動き与党警戒 ほろ酔いの”酔”芙蓉

 昨日、民進党が3つに別れ野党の大きな変貌は凡そ落ち着いた感が出てきた一方与党は、安倍総理が支持率アップを狙っての解散だったが解散後の安倍首相の支持率が若干低下した事に加え希望の党が着々と候補者選定を進めている実態を前に対策の取りにくい情勢となってきた一番怖がっているのは小池ブームが起こることであるが余りにも口汚くののしる様な罵倒を浴びせることは総理としての品格に悖るものではなかろうかあのような演説ではその主張に納得するどころか反感を招くものではなかろうかいつの世でも、時の政権に心より満足する人は基本的には少ないことを心して向後は演説の品位を保ってほしいもである
 今日の花、タイトルの表現は少し間違っているわが家の近辺で、これと同様に夕刻頃から赤くなり始める酔芙蓉は古い(広い庭の)家にはよく見かける唯、赤く染まるのが遅く薄暗くなってから故、フラッシュを使ってまでは撮りづらく撮れずにいたが、この木は民家の隣に空き地の木で5時頃通過したとき白かった(上の写真)が、薄暗くなった6時頃念のため覗いたら、ほんの少しこの様にほんのり色づき始めだったがほろ酔いだと、撮ったもの
Photo_2 スイフヨウ(酔芙蓉)。芙蓉に関しては既に記載したので説明は省略酔芙蓉は普通のフヨウの変種とされているフヨウが沢山あつめられて花菀とされたりあるいは個人の庭にも大きくさせず植えている家は多いが酔芙蓉は昔からの大きな庭のある家にしか見かけない。尚、音は同じだが「水芙蓉」は蓮のこと
Photo_3 その花。朝、咲き始めた花弁は白いが時間経過とともに、普通の八重の酔芙蓉なら午後辺りから色づき始め夕刻には立派にピンクに染まっているだが、この写真の様に一重の場合には夕刻になりやっと色づき始め夜にピンクとなる上の写真で赤く萎んだものは昨夜に染まったものが萎んで残っているものである

|

« 民進党分裂で終わり?  オクラの花もそろそろ終わり | トップページ | 希望の党の公約は?   まだ咲いているノカンゾウ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この花もまだ頑張っているようですね!貴兄実行の早朝散歩時の酔い具合は如何なのでしょう?

投稿: 自遊人 | 2017年10月 4日 (水) 16時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65872308

この記事へのトラックバック一覧です: 希望・民進の動き与党警戒 ほろ酔いの”酔”芙蓉:

« 民進党分裂で終わり?  オクラの花もそろそろ終わり | トップページ | 希望の党の公約は?   まだ咲いているノカンゾウ »