« 知床・黒いキツネ   フェアリースターという花 | トップページ | 選挙、台風の影響は?  コバノセンナが満開 »

2017年10月18日 (水)

大飯原発1,2号機廃炉へ   ギンモクセイも咲いた

 関西電力は2019年に40年の運転期限を迎える大飯原発1、2号機を廃炉にする方針を固めた出力100万㌗超の商用原発の廃炉は初めてであるこれまで九電玄界1号機など計6基が廃炉となっているがいずれも出力34~56.6万㌗小規模だったこれは規制基準が強化され地震、津波対策の多額の負担が必要となり特に大飯原発は他の原発より特殊構造で補強工事がむつかしく周辺の活断層の為耐震工事費用も膨らむことからの判断と言われる政府はエネルギー基本計画で30年度の電力供給の20~22%を原発で賄う目標を立てているが電力各社の安全対策費が膨らんで再稼働申請に二の足を踏んでいる現状では、この目標達成はむつかしいとみられるだからと言って、原発の新設、建て替え基準の引き下げを認めるようなことがあってならないやはり原発比率を下げて行く対策をとるべきだ
 今日はギンモクセイキンンモクセイより約20日ほど遅れて開花するキンモクセイはあちこちにあるがギンモクセイを植えている所は余りないのでウオーキングの途次、いつも咲く民家の生垣を見に行くともう綺麗に咲いていた花は白く、あまり目立たず香りも近づいて嗅がないと判らぬ位微弱である元々銀木犀から出来た変種が金木犀だが香りが強い金木犀に圧倒的に人気がある
Photo ギンモクセイ(銀木犀)。単にモクセイというのが正式名その別名がギンモクセイである。樹高3~6m樹皮は縦に裂け目が出来る葉は長さ7~15㎜の葉柄を持って対生する葉身は革質だが金木犀より柔らかい感じで長さ8~15㎝。葉幅が広く、楕円形で縁には粗い細鋸歯があるが鋸葉はなく全縁の場合もある
Photo_2 その花花期は9月~10月で、金木犀より開花は遅い。花は葉腋に束生する花柄は長さ5~10㎜花冠は白色で、4深裂し、径約4㎜雄しべは2個花の香気はあるが金木犀より弱く近づいて嗅がないと判らぬくらいである雌雄異株で果実は核果で長さ1~1.5㎝の楕円形で翌年の春に熟す

|

« 知床・黒いキツネ   フェアリースターという花 | トップページ | 選挙、台風の影響は?  コバノセンナが満開 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

銀木犀は珍しいですね!生家にはありましたが、以降見たことありません。柊木犀の花は白ですが。

投稿: 自遊人 | 2017年10月18日 (水) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65928814

この記事へのトラックバック一覧です: 大飯原発1,2号機廃炉へ   ギンモクセイも咲いた:

« 知床・黒いキツネ   フェアリースターという花 | トップページ | 選挙、台風の影響は?  コバノセンナが満開 »