« 台風が秋を連れてきた?   住宅地に繁茂のエノコログサ | トップページ | 北鮮核実験  これも夏の代表花・オシロイバナ »

2017年9月 3日 (日)

秋風に政界が暑くなる  知らなかった唐辛子の花

 漸く暑い夏が台風が連れてきた涼しい秋風で終わろうとしているが政界は臨時国会が近づくにつれ、暑くなってきた安倍首相が内閣改造を行い安倍政治への不信を一掃し、政権浮揚を図ろうとして、謙虚に、丁寧に政権運営に当っているように見えるがこの政権の経済政策が方向転換したわけでもなく不評の多い憲法改正も、声高に言うのを控えてだけでこれまでの安倍政治が変わる訳ではない当然手ぐすね引いて待ち構える民進党も党首交代したが、果たして党全体のまとまりが出来るだろうかだもう国民は分かり切った両党には期待できないでいるのではないか結果日本ファーストなどと第3勢力の到来を期待する声はあるが、これもすぐには実現しない救世主よ出現せよと言いたい。
 今日は小さな畠に野菜類と花を一緒に植えて楽しんでいる家がありその中に今花を付け始めた唐辛子があった実は知っていても花はよく見たことが無く珍しく感じて撮って来たものである。
Photo トウガラシ(唐辛子)。唐辛子類は中南米が原産地昔から香辛料として用いられてきたが近年では殆ど辛味の無い甘未種であるピーマン、シシトウ、パブリカ出回っている。この写真のは大きさ5~7㎝位の実をつけており、多分辛味種と思われる原産地メキシコでは紀元前6000年に遡るほど古いが世界各国へ広まったのは15世紀以降の由。唐辛子は唐から伝わった故の名だが唐は「外国」の意味で使われている。尚、鷹の爪はその内の1種。又九州や沖縄ではこれを「胡椒」ともいう。
Photo_2 その花唐辛子は花の鑑賞用ではないので花に関する説明が余りないのでここでも略する。が、一般的にはご覧のような5乃至6弁の径1㎝位の花を付ける用途は勿論、辛味を付けるための香辛料として用いられることがおおいが、薬用として健胃薬、凍瘡、凍傷の治療薬、育毛の薬の原料としても利用される食用として、ビタミンAとCが豊富で夏バテの防止に効果が高く暑い地方でよく利用される勿論今は上記の如く食用としては甘味種が多く使われるようになった

|

« 台風が秋を連れてきた?   住宅地に繁茂のエノコログサ | トップページ | 北鮮核実験  これも夏の代表花・オシロイバナ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65741068

この記事へのトラックバック一覧です: 秋風に政界が暑くなる  知らなかった唐辛子の花:

« 台風が秋を連れてきた?   住宅地に繁茂のエノコログサ | トップページ | 北鮮核実験  これも夏の代表花・オシロイバナ »