« 北朝鮮のハイテク攻撃   ツルバキアが咲いていた | トップページ | そろそろ終わりのサルスベリ »

2017年9月 8日 (金)

秋の空、雲の変化も面白い

 今頃早朝の日が昇る直前、周りの見るべきものがハッキリ見えず空だけはよく見える。今朝は快晴で雲が無かったが、先日は雲はジィーとしていて、動かない感じだが5分も目を離せば、すっかり替わっていた。更に、20分ほど後にには下の雲の状態で日が昇る頃、すっかり秋晴れ。秋は雲があまり動かないようだが、実はすぐ変わっていること実感。そんなことで、今日は秋の雲の代表を載せておこう
Photo 巻積雲5000m以上に出る雲で、これは家を出た直後(6時10分ごろ)の空結構雲が厚い感じであったこの雲は形がすぐ変わるのでその形状によりうろこ雲、鰯雲、鯖雲など呼び方は色々である。
Photo_2

 同じ巻積雲形によって層状雲、レンズ雲、房状雲などとも呼ばれるというから余り呼び方に固執してもしようがない感じである
Photo_3

 高積雲更に20分後雲はすっかり薄くなり、このような形状となったこの形状は所謂うろこ雲というのと若干異なり高積雲と呼ばれる3000~7000mの高のところに発生する雲の種類かも知れない。それであれば、叢雲、羊雲、斑雲などと呼ぶ雲やもしれぬ

|

« 北朝鮮のハイテク攻撃   ツルバキアが咲いていた | トップページ | そろそろ終わりのサルスベリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

空がきれいな季節になりましたね!雲の動きは意外と速いことに気づかされます。”太陽フレア”→オーロラ、鎌倉時代・1204年2月に京都でオーロラが観測されたのか。(藤原定家の日記・明月記に記載されているらしいです)

投稿: 自遊人 | 2017年9月 9日 (土) 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65762077

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の空、雲の変化も面白い:

« 北朝鮮のハイテク攻撃   ツルバキアが咲いていた | トップページ | そろそろ終わりのサルスベリ »