« 台風18号来襲、列島縦断予報  その中稲実る | トップページ | まだまだ暑い日が続く  アメジストセージが咲き続ける »

2017年9月18日 (月)

国会解散、首相決断  ヒメマツバボタンを見つけた

 台風一過、今日は朝からビッグニュースが入った。安倍首相は28日の臨時国会冒頭にも衆院を解散する方針を固めたというもの。そして、政府・与党は衆院選を「10月10日公示・22日投開票」の日程で実施することを軸に調整に入ったというものなぜ今なのと言えば、内閣支持率が回復基調にあるとみて、民進党内のドタバタ野党の選挙協力がが出来ないうち、そして小池都知事らの新党結成前に解散が有利と見ての決断であろう。唯、今国際的に北朝鮮の暴走など危機的な環境下1ヶ月以上国会が解散中という状態をどう受け止められるか。尚、今なら、加計学園・森友学園問題隠しとも批判されるだろうが今の野党の体制が整う前なら勝てるとの読みだろうが、政治は国民のために行うもの其れをおっぽり出して、政権維持だけのためにやるものではない余りにも国民を見くびった選択ではないかと、大変腹立たしい気分である
 道路脇に作らた小さな花壇のなかに
このヒメマツバボタンが咲いているのを見つけた余りに花の小さいマツバボタンなので帰って調べて初めて姫松葉牡丹なるものの存在することを知った次第
Photo_3 ヒメマツバボタン(姫松葉牡丹)。普通のマツバボタンより可成り小さい種別名ケツメクサ(毛爪草)。南北アメリカ原産の帰化種日本では関東以西に帰化し、日当たりの良い所を好む茎はよく分岐し地を這う葉は互生、長さ5‐20㎜、幅1‐3㎜肉質が厚く、扁平な棒状で、基部に白色の毛がある別名の由来)。茎の先に総苞のように葉が6‐9個輪状に集まって付く草丈10―30㎝
Photo_4 その花花期7-10月花は直径0.5-1.5㎝紅紫色の5弁花花弁は長さ3‐7mm幅1.5‐3㎜の倒卵形雄しべ5‐12個柱頭3‐5個蓋果(蒴果の一種で、成熟すると横腹に水平の切目が生じ、上部が蓋状に離れる果)は長さ1.5‐4.3㎜の楕円形種子は黒~鉛色直径0.4‐0.6㎜のほぼ円盤形。(参考普通松葉牡丹の花は直径2.5‐3㎝)。

|

« 台風18号来襲、列島縦断予報  その中稲実る | トップページ | まだまだ暑い日が続く  アメジストセージが咲き続ける »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

母が好きな花でした🌸

投稿: rainbows_papa | 2017年9月20日 (水) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65800881

この記事へのトラックバック一覧です: 国会解散、首相決断  ヒメマツバボタンを見つけた:

« 台風18号来襲、列島縦断予報  その中稲実る | トップページ | まだまだ暑い日が続く  アメジストセージが咲き続ける »