« そろそろ終わりのサルスベリ | トップページ | 情報の真実性と信頼性  花が剪定されたフイリビナンカズラ »

2017年9月10日 (日)

これはオトコエシなのか?

 昨日久しぶりに郊外に出て田舎道を散策してい来た。日差しは相変わらず強いが、吹く風が涼しく感じられ(蒸し暑くない)、「ああやっぱり秋だ!」と感じたその道すがら、この花が咲いていたので、これはオトコエシに違いないと思って撮って来たもの
 帰って調べてみると花姿は似るものの、花後の実(下の写真)が付いているがネットの検索ではこのような実を付けた植物は見つからないよってこれはオトコエシとは違うのでは?と思うがこの花姿で他の植物名が付くものが見つけられない。よって暫定的にオトコエシとしてアップするが、もし違う植物名が分かれば、是非お教えください(コメントにご記入下さい)。
Photo オトコエシ(男郎花)。オミナエシに似るが花が白いこと、姿が遥かに逞しいのが、オトコエシとある多年生の草本植物体全体にわたって、毛が多い。初めは根出葉が発達するが茎は立ち上がって、高さ60-100㎝に達する根出葉は花が咲く頃には枯れる。葉は羽状に深く裂けるかあるいは縁に鈍い鋸歯が並ぶ
Photo_2 その花花期は8~10月花序は集散花序で多数の花を含むその様な花序を散房状に付ける花冠は先端が5つに裂け径4㎜程果実は倒卵形で長さ2-3㎜周囲には同心円状に広い翼が発達するがこれは本来は果実基部の小苞で、それが果実を取り巻いて、発達したものという解説があるが、この解説がこの写真の果実に当てはまっているのか? 少し違うのでは? と思い、閲覧者のご指摘を待つものです

|

« そろそろ終わりのサルスベリ | トップページ | 情報の真実性と信頼性  花が剪定されたフイリビナンカズラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65768837

この記事へのトラックバック一覧です: これはオトコエシなのか?:

« そろそろ終わりのサルスベリ | トップページ | 情報の真実性と信頼性  花が剪定されたフイリビナンカズラ »