« 危うい北鮮の対応  ハツユキカズラが見頃 | トップページ | 世界のビール生産減  誉れ高い木・エンジュが咲く »

2017年8月20日 (日)

血液1滴がん診断   タカサゴフヨウが沢山咲いていた

 しばらくお休みをしましたが今日からブログを再開します
 まず初めに、驚異の医術で、血液1滴でがん13種を診断、それも初期のがんも見つかるというニュースがんは怖いが、検査が必要その検査が今日では未だ容易ではない先ず検査できる医療機関が少ない結果時間がかかる費用も高い。悶々と気を病みながら結果を待つ。それが、1滴の血液から13種類のがんの有無を診断できるという検査法を、国立がん研究センターのチームが開発したという。且つ、ごく初期のがんもみつけられる。現在の腫瘍マーカーを使う検査法より発見率が高く体への負担も少ないという。但し、国の承認を得るのに今暫く時間がかかるようだが費用は2万円程度というから。早期の実用化を期待したい
 今日の花はムクゲそっくりの花(木槿よりやや小さい)を沢山つけるタカサゴフヨウこの花の咲いていた場所に昨年までムクゲが咲いていたので初め小さなムクゲが沢山咲いたかと思ってよく見たら違っていた(葉が違う)。草本であり、全く違うものだと分かった
Photo タカサゴフヨウ(高砂芙蓉)。別名ヤノボンテンカ(矢の梵天花)矢のは葉が鏃に似る故、又梵天はインドの意である。葉の長さは5~10㎝の鏃形基部が耳状に張り出し縁に細かい鋸歯がある。互生につく中央~南アフリカ原産草本性落葉低木。繁殖力が強く野生化したもので、棚田の石垣の間から垂れ下がる様に群落を作る。西日本から西南諸島に自生
Photo_2 その花花期7月~10月茎の上部に直径5~6㎝の白色に近い淡いピンクの5弁花を付ける。花の中心は濃赤紫色で、花弁のの裏側は同色の縦線が入る花は1日花だが、晴天の日などは午前中に閉じる花も多い閉鎖花も多く果実は萼の上に5個の種子が星形に並んでつく。

|

« 危うい北鮮の対応  ハツユキカズラが見頃 | トップページ | 世界のビール生産減  誉れ高い木・エンジュが咲く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヤノネボンテンカの花はムクゲによく似ていますね!

投稿: 自遊人 | 2017年8月20日 (日) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65679230

この記事へのトラックバック一覧です: 血液1滴がん診断   タカサゴフヨウが沢山咲いていた:

« 危うい北鮮の対応  ハツユキカズラが見頃 | トップページ | 世界のビール生産減  誉れ高い木・エンジュが咲く »