« 白百合Ⅱ タカサゴユリが草叢に咲いている | トップページ | 野球の面白味  シコンノボタンが満開状態に »

2017年8月26日 (土)

ポテトチップスでジャガイモ不足  ナツフジが咲き続けている

 昨夏北海道を襲った台風の影響でポテトチップス用のジャガイモが不足しているので、農水省は2018年の予算での概算要求で、増産対策として30億円を計上するという。これをきいて、年間50万㌧以上の生産量で不足というから結構日本人はジャガイモを食うんだなと感心したが、考えてみるとポテトチップスというのは食品ではあるが、これはあくまでおやつでないか食事に消費されるのとは違ってポテトチップスを増産して喜ぶのは勿論おやつで喜ぶ子どもだろうがどうしても必要な食糧品ではないよって結果的に一番喜ぶの製菓業者なのだ国の予算は何を基準に増減されているのか増やす必要のない獣医学部の加計学園での新設と同じく国家予算は必要な部門に使うべきは論を待たない。不必要な部門に、景気浮揚のためにと、無駄金を使ってはいけないと思うが如何
 今頃、雑草に紛れ、山裾などに樹下に咲き続けているのがこのナツフジ決して花として美しい花ではないが、夏の間に人知れず咲き続ける花であることを紹介
Photo ナツフジ(夏藤)。夏に咲くことから土用花ともいわれる本州の東海地方以西から、四国、九州に分布する。落葉性のツル植物和名は藤に似ているが、夏に咲くことから来ている。あまり太くならず高木にもならない当年生の茎は直径2mmほどで冬には枯れてしまう生き残れば径は5㎜程の太さになる葉は長さ10~20㎝の奇数羽状複葉である。
Photo_2 その花7~8月にかけ20cmほどの花穂を形成しクリーム色の花を咲かせるドヨウフジの異名もある新枝の脇から長さ10~15㎝の総状花序が垂れ下がり、淡黄白色の蝶形花を複数つける。旗弁と翼弁は共に長さ1.2~1.3㎝萼は広鐘形萼片は5個

|

« 白百合Ⅱ タカサゴユリが草叢に咲いている | トップページ | 野球の面白味  シコンノボタンが満開状態に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

夏藤と言うのがあるのですね!初めて知りました!感謝!

投稿: 自遊人 | 2017年8月26日 (土) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65703404

この記事へのトラックバック一覧です: ポテトチップスでジャガイモ不足  ナツフジが咲き続けている:

« 白百合Ⅱ タカサゴユリが草叢に咲いている | トップページ | 野球の面白味  シコンノボタンが満開状態に »