« マイナンバー活用拡大  花の大きなルドベキア | トップページ | 台風5号接近  ホオズキが赤くなっている »

2017年8月 4日 (金)

安倍総理の改造内閣   初めてのコンロンカ

 安倍第3次内閣がスタートした支持率低下で保たないと判断しての改造内閣で、これまでの1強の強さで思うが儘の組閣が許されなくなっての改造内閣だが、”首相の反省”がどれほど反映しているか党内の主流、非主流な配慮したことはよくわかるがこの内閣でどう舵を切るかは全く不明手法は変えるものの、従来の路線を変更しないとなれば当然ながら支持率は上昇しない従来のアベノミクスは否定されたとの認識を持って、且つ憲法改憲の性急な取り組みに国民が不安を感じていることが、安倍総理に認識されているかどうかによって支持率は低迷を続けるだろう
 私にとっては初めての花・コンロンカ電子辞書のコンロンカの説明は奄美諸島から南部の諸島から台湾にかけて分布(原産地)とあるが、ネットで崑崙花を見ると原産地は諸説紛々。又品種も多く、花色や形状もいろいろで「・・・コンロンカ」が種々あるようだ。この写真のは園芸店で「ガーデニングコンロンカ」とあったがその名前ではネットには出ない。よって、「コンロンカ」と言うネットでの表記に従う
Photo_5 コンロンカ(崑崙花)。別名はハンカチの花(もしくは木)、或いは学名よりムッサエンダネットでは原産地は熱帯アフリカ、太平洋諸島~台湾約200種が知られている由。直立性又は蔓性の低木濃緑色の光沢のある葉と純白の「がく苞」が美しい。剪定を繰り返せえば枝を出すが通常はつる状に伸びる。樹高1~2m。越冬温度は10℃以上で常緑
Photo_6 その花。写真の黄色の5裂するのは花弁のように見えるがこれは萼苞ともあるがこれを花と記してあるのもあり一般的にはこれを花としているようだ通常5~9月が開花期だが、温度があれば四季咲きとなる由。珍しい花だが諸説あり、落ち着かぬが、ご容赦あれ。

|

« マイナンバー活用拡大  花の大きなルドベキア | トップページ | 台風5号接近  ホオズキが赤くなっている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

”ハンカチの木”は見たことありますが、この花はちょっと花が違うような気がしますが・・・・・・。

投稿: 自遊人 | 2017年8月 4日 (金) 20時50分

自遊人さんへ:コンロンカに関するページは左程多くありませんが、記述がまちまちで、花の写真も少しちがったものもあります、この花の別名として、「ハンカチの花又はハンカチの木ともいう」とありましたので、そのまま記述しております。今後も気を付けてみますが、もしお気づきあればまた教えてください。

投稿: 山猿 | 2017年8月 5日 (土) 09時31分

コンロンカ:学名Mussaenda Parviflora
ハンカチの木:学名Davidia Involucrata
ハンカチの木は結構大きくて、花水木の様な花で時期も同じだったように記憶します。
コンロンカは別名ハンカチの花と呼ばれているようですね。確かに”ハンカチノハナまたはハンカチノキとも・・・・の記載はありますが。
ハンカチの木で検索、画像をも検証願えれば如何でしょうか。

投稿: 自遊人 | 2017年8月 5日 (土) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65608377

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理の改造内閣   初めてのコンロンカ:

« マイナンバー活用拡大  花の大きなルドベキア | トップページ | 台風5号接近  ホオズキが赤くなっている »