« 落ち着かない日本  狂い咲きなの?シモツケが今頃咲いた | トップページ | 台風一過、高校野球  旱に負けず実をつけたフウセンカズラ »

2017年8月 7日 (月)

センニチコウが咲き続く

 猛暑日が珍しいこともなくなって福岡は一昨日37℃を越えた由でもそんな暑い中では平気で居られない仕方なく家に引きこもり、テレビを眺めて過ごしている台風5号は昨日の予報とはずれて、鹿児島沖南方、四国沖も通過、紀伊半島もかすめるようだ。大災害にならず一安心である。あと中部関東が心配されるところである
 で、この暑さの中で、且つ水不足ながら元気に花を咲かせているのが、草花である。よってここ暫くは草花を見てみようまず初めに目に付くのが今日の赤い花をつけたセンニチコウ珍しいこともないが暑さに負けない強い花である。
Photo センニチコウ(千日紅)。センニチコウ属の植物原産地の熱帯アメリカを中心に熱帯各地に100種以上が分布暑さと、乾燥に強く日本の夏に適した性質で、長期間咲き続けその間は勿論、ドライフラワーでも色変わりしなのが名の由来1年草だがキバナセンニチコウは球根を持ち越冬する多年草庭や花壇植えにされ切り花で仏前にも多用される寒さには弱い
Photo_2 その花開花期は7~11月と長い。直径2㎝前後の花をつけるセンニチコウの仲間は花そのものでなく紫やピンク、白、黄色、赤に色づくが、これは苞の色でそれを観賞することになる。即ち、苞の集まりの花序が一つの花の感じだがよく見れば小さな筒状花の集まりである写真では黄色とか白いのが一つ一つの花である)。

|

« 落ち着かない日本  狂い咲きなの?シモツケが今頃咲いた | トップページ | 台風一過、高校野球  旱に負けず実をつけたフウセンカズラ »

コメント

お線香みたいな名前と思ったら、紅なのですね。

投稿: rainbows_papa | 2017年8月 7日 (月) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65627681

この記事へのトラックバック一覧です: センニチコウが咲き続く:

« 落ち着かない日本  狂い咲きなの?シモツケが今頃咲いた | トップページ | 台風一過、高校野球  旱に負けず実をつけたフウセンカズラ »