« 長期に咲き続ける昼顔 | トップページ | 遅れたザクロの成熟 »

2017年8月29日 (火)

開花のエネルギーの供給は?  咲き続けるヒトツバタゴ

 夏に咲く花には1日花が多い。で毎日花の記事を書いていてふと思ったのが朝顔やフヨウが毎日花を咲かせるエネルギーはどれぐらいなのだろうかそしてそのエネンルギーはどのように様に供給紗されるのだろうか動物であれば血液が体内駆け巡り供給しているしかし、植物の場合、根から水分を吸上げる管があるのは知っているが根などにたくわえられた栄養分などいっしょにエネルギー成分も供給されるのだろうか結構開花時には早く開くので相当のl供給ラインがあるのだろうか勿論花びらを造成する細胞の増殖も必要である蝉の羽化よりももっと不思議な現象である誰か御存知の方是非お教えください。
 今日の花図鑑に見る限り、ヒトツバタゴとあるのと同じなのでヒトツバタゴとしてアップするが、それによる花期は6月とあるがこの木も確かに6月頃より花が付くが今頃までずーと続けて咲いているので、もしかすると違うかもしれないが、図鑑ではこの写真に似て別名というのが見当たらないので、この名でアップするもし違いがあればご指摘を願います
Photo ヒトツバタゴ(一つ葉田子)。トネリコ(別名タゴ)に似ていてトネリコが複葉であるに対し本種は小葉を持たないで単葉であることからヒトツバタゴの和名がある別名ナンジャモンジャ中国、台湾、朝鮮半島になどに分布日本の対馬、岐阜県木曽川周辺、愛知県に隔離分布する。成木では、樹高は20m超える落葉高木、葉は長楕円形で4~10㎝長い柄を持ち対生する
Photo_2 その花花期は5~7月頃とあるがその頃から咲き始め、今も咲き続いている新枝の枝先に10㎝程度の円錐形の集散花序を付ける。花冠は深く4裂する。雌雄異株であるが、雌花のみを付けるかぶ両性花つける株があり雄株・両性花異株である秋には直径1mほどの楕円形の果実をつけ黒く熟す

|

« 長期に咲き続ける昼顔 | トップページ | 遅れたザクロの成熟 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65715458

この記事へのトラックバック一覧です: 開花のエネルギーの供給は?  咲き続けるヒトツバタゴ:

« 長期に咲き続ける昼顔 | トップページ | 遅れたザクロの成熟 »