« 米・北鮮緊張高まる  マリーゴールドも咲き続ける | トップページ | 血液1滴がん診断   タカサゴフヨウが沢山咲いていた »

2017年8月12日 (土)

危うい北鮮の対応  ハツユキカズラが見頃

 今の北朝鮮のグアム周辺への弾道ミサイル発射計画は、弥が応でも、戦争への危険性を高めている。このミサイルが日本の中国・四国・の上空を通過することを前提に防衛省は、万が一ミサイルに不具合が生じて日本国内に落下する可能性を排除できないとして迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)の配備をきめたこの記事を読んで、アア、戦争ってこんなような状況下で何かが、或るは何処が狂ったあるは間違ったことがきっかけで起こり得るんだと思えば現状の危うさが恐ろしくなってきた米国内の上級為政者の多くが今は外交力で解決べきと口をそろえる中大統領の発言の一つ一つが心配である
 最近、門柱とか門のそばに、これを植える家が多い尤もこの写真のはフェンスに這わせてある部分の一部を切り取ったもの今ごろ伸び始めた新芽が赤、ピンクから白に変わり始めた段階でやさしい感じが好もしい
 Photoハツユキカズラ(初雪葛)。上部の新芽の部分が赤、淡いピンクから白になって行く段階で、まるで初雪が積もった感じからの名前別名のフイリテイカカズラ(斑入り定家葛)は定家葛が斑入りとなった感じからの名前蔓性の草のような感じだが常緑つる性低木である。原産地は日本テイカカズラが縦横無尽に蔓を伸ばすに対し葉は小さめで節は寸が詰まっている。
Photo_2 その新芽鑑賞対象は花ではなく専ら斑入りの葉で、特に赤、ピンクの新芽が白くなってゆく段階今時期が鑑賞価値が高い。もっとも全体に斑入りの葉で覆われるので新芽の時の赤、ピンクが白に代わり白が強くなった後緑に変わって行くが夫々の成長段階での葉が入り混じり成長するので、春~秋にかけて常にカラフルで美しい姿で、秋には紅葉もする。
 お知らせ
当ブログは明日より1週間お盆休みと致します。20日より再開しますので、又ご愛読をお願い申し上げます。

|

« 米・北鮮緊張高まる  マリーゴールドも咲き続ける | トップページ | 血液1滴がん診断   タカサゴフヨウが沢山咲いていた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ハツユキカズラ;先日私もよく似た花を撮って来たのですが、名前が解りませんでした。只つる状ではない様で!明日アップしますのでご評価お願いします。

投稿: 自遊人 | 2017年8月12日 (土) 17時17分

姿も名前も魅力的ですね。

投稿: rainbows_papa | 2017年8月13日 (日) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65646481

この記事へのトラックバック一覧です: 危うい北鮮の対応  ハツユキカズラが見頃:

« 米・北鮮緊張高まる  マリーゴールドも咲き続ける | トップページ | 血液1滴がん診断   タカサゴフヨウが沢山咲いていた »