« 遅れたザクロの成熟 | トップページ | 北鮮ミサイル日本上空を通過   サフランモドキが咲き続く »

2017年8月31日 (木)

ハブランサスも咲いた

 漸く朝夕、少し秋めいてきました朝の涼しさが非常に新鮮に感じられるこの頃です。
 今日は草花で、ハブランサス。これはサフランモドキに似ており毎年、どっちがどっちだと迷ってしまいネットで検索・確認の上掲載するどちらも1週間~10日位で花が終わるので本来は沢山球根を入れて咲かせる花の様だ
Photo_2 ハブランサス(Habranthus)。雨が降ればぱっと花を咲かせるのでレインリリーとも呼ばれる原産地は中南米で、凡そ10種が分布する由常緑性の球根植物で、草丈15~20㎝当地での冬では寒いので葉が枯れてしまい休眠する葉は細長い線形で地際から出るこの花は余り手入れせずとも5年ぐらいは咲き続ける
Photo_3 その花花茎を長く伸ばしてその先端に漏斗形の花を横もしくは斜め上向きに咲かせる花は通常、1茎1輪ずつ稀に2~4輪咲かせることもある殆どの種が1日花で、咲いた花は、その日のうちに萎んでしまう。花色はピンクや黄が多いが、白もあるハブランサスの名前ギリシャ語のハブロス(優雅な)アンサス(花)から来た優雅な花の意である。

|

« 遅れたザクロの成熟 | トップページ | 北鮮ミサイル日本上空を通過   サフランモドキが咲き続く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この花は栄養が行き届いて、立派ですね!私の知るのはやせ地が多く、花も小さめです。

投稿: 自遊人 | 2017年8月31日 (木) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65725380

この記事へのトラックバック一覧です: ハブランサスも咲いた:

« 遅れたザクロの成熟 | トップページ | 北鮮ミサイル日本上空を通過   サフランモドキが咲き続く »