« ハワイ王国・共和国  サンパラソルも咲き始めた | トップページ | 朝の蝉の鳴き始め   今は珍しくなった? グラジオラス »

2017年7月18日 (火)

猛暑と日本経済  花枝が伸びてない百日紅

 今、日本列島全部が猛暑日に近い高温化に晒されている。特に北海道で猛暑日気温が続くとは、考えれなかったことが起きている南極大陸の一部の氷とけて、島になったとか、地球全部が暑くなっているのであろうが日本列島全部が真夏日だとは驚きだ。それにしても冷房用の電力消費の為原発稼働が一時大騒ぎになったがその後一部稼働、又は稼働体制に入っているがそれだけでもう足りているのか勿論景気がやや持ち直したというものの各種工場の稼働率は下がっており電力需要も減少しているせいなのか
 そういえば人口減少による各種需要減は日本の産業活動の停滞を招いており経済活動全体を縮小しているのは間違いないが、いろんなスクケールメリットの縮小も間違いないだろうやっぱり安倍さんの経済政策は理屈通りには進まなかったなあー
  今日はサルスベリ今年は空梅雨となり(豪雨はあったが)、旱続きとなって花枝が伸びないまま開花期となった百日紅特有の花が風に揺れている様が見れないのは残念である。が、一応今の状態を載せて置く
Photo サルスベリ(百日紅)。別名、百日咲くのでヒャクジツコウ(百日紅)と言われるが、別に朝鮮半島の悲恋物語(百日後に実る恋)に由来とも。木肌がすべすべで猿も滑るからサルスベリ(猿滑)。原産地は中国南部落葉性の高木。樹高10mほど。江戸時代から花木として親しまれている艶のある葉は互生耐病性あり庭や公園に好んで植えられる
Photo_2 その花花期は7月~10月名の通り長く咲き続ける花後の新しい枝にも花が付く花びらが縮れた小さな花が纏まって穂のようにして咲く円錐花序を形成する。写真のような蕊はあまり見えないので判らないことが多いが花は筒状で6裂花弁は6枚で縮れている花後の果実は蒴果で種子には翼がある
 

|

« ハワイ王国・共和国  サンパラソルも咲き始めた | トップページ | 朝の蝉の鳴き始め   今は珍しくなった? グラジオラス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65545263

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑と日本経済  花枝が伸びてない百日紅:

« ハワイ王国・共和国  サンパラソルも咲き始めた | トップページ | 朝の蝉の鳴き始め   今は珍しくなった? グラジオラス »