« 梅雨明け遅れ  ムクゲも咲き始めた | トップページ | ブッソウゲが咲き続ける »

2017年7月15日 (土)

山笠終わる   フジウツギが咲いていた

 本日早朝の追い山を以て、15日間にわたる櫛田祇園山笠祭礼行事は全てを終了した。これで博多は夏本番を迎える。梅雨前線が存在する故、梅雨明け宣言は出されないが連日猛暑日となる’真夏’が続いている。高齢者は暑い最中出歩かない方がいいというので、歩いての外出は出来るだけ午前中にやる様にし、午後は家でやれることをやっている今頃から盆明けまでが、そんな毎日の夏場凌ぎとなるであろう
 今日の花はフジウツギ。これは通りがかりにみつけたもので、生垣で囲まれた庭の中にある木が伸びて生垣の隙間から歩道側へ出て花をつけたもの。元々フジウツギを植えている家が余りなく、たまたまあった花がこの様に少し顔を出した希少価値の高い花だ
 Photoフジウツギ(藤空木)。フジウツギは世界に100種あると云われるが、この花は日本に自生するフジウツギで学名をフジウツギ(B.japonica)と言う品種である。本州、四国の向陽地に自生1878年に欧州へ入った落葉灌木で枝は4稜で帯赤褐色葉は対生して短柄狭卵型又は広披針形で、波状低鋸歯があり長鋭尖長さ10~20㎝、幅2.5~5㎝
Photo_2 その花花期は6~10月枝先に、長さ10~40㎝の垂れ下がった円錐花序をだし青紫色の花をを多数つける花冠は長さ1.5~1.8㎝の筒状花花弁の先は4裂している。花後卵形又は楕円形の果実をつける。

|

« 梅雨明け遅れ  ムクゲも咲き始めた | トップページ | ブッソウゲが咲き続ける »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

余り見かけない、貴重な植物なのですね!

投稿: 自遊人 | 2017年7月16日 (日) 07時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65528072

この記事へのトラックバック一覧です: 山笠終わる   フジウツギが咲いていた:

« 梅雨明け遅れ  ムクゲも咲き始めた | トップページ | ブッソウゲが咲き続ける »