« 増え続けるプラごみ  真盛りとなって来たムクゲ | トップページ | 九州豪雨、流木が問題  今年も咲いた猩々草 »

2017年7月21日 (金)

梅雨明けは猛暑日  オトコエシに似た花

 例によって北部九州の梅雨明け宣言昨日「梅雨が明けていたと思われる」という表現で、あまり明確でなく、というより明確にできず、「梅雨はあけとったとよ」と言われた感じその途端日の最高気温の予報は36℃の猛暑日になるという。暑いのでと、早朝(6時~7時)に歩くのに切り替えたがその時間帯でも、既に熱く帰っての水シャワーが最高という状況。やっぱり頼るべきはクーラーか
 今日の花はオトコエシに非常によく似ている。が、今満開であり、花期が少し違う又花の花序とかは似ているがこれは黄色い実のようなのがあるがオトコエシはこれと違った薄い翼を持った実を付ける点が全く異なる。故に敢えて説明文にはオトコエシの説明を付しアップする。雑草の中の花だから、雑草の1種であることは間違いないもしお判りななる方おられば、コメントに入れてくださいお願いします
Photo_3 オトコエシ(男郎花)。朝鮮、中国、シベリアに分布日本では北海道から九州まで、及び奄美、琉球列島で知られる山野の日当たりの良い所の草地や林縁に生育多年生の草本。植物全体に毛が多い初め根出葉があるが茎が立ち上がって高さ60-100㎝に達すると、根出葉は花が咲く頃枯れる葉は対生し羽状に深く切れ込むか縁に鈍い鋸歯が並ぶ。
 Photo_4その花開花期8-10月集散花序で多数の花を含む花序散房状に付ける花冠は5つに裂け径4㎜。雄しべは4本、雌しべは1本果実は倒卵形で長さ2-3㎜薄い翼を持つ。
 以上の説明はオトコエシの説明で、この花と多くの部分で合致するが果実の部分が全く合致してないもしご存知の方はお教えください

|

« 増え続けるプラごみ  真盛りとなって来たムクゲ | トップページ | 九州豪雨、流木が問題  今年も咲いた猩々草 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65554697

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明けは猛暑日  オトコエシに似た花:

« 増え続けるプラごみ  真盛りとなって来たムクゲ | トップページ | 九州豪雨、流木が問題  今年も咲いた猩々草 »