« アカメガシワが咲き続けた | トップページ | ヒメイワダレソウが咲き始めている »

2017年6月29日 (木)

日本報道自由度72位   雨後ハブランサスが咲いた

 掲題の件、「国際ジャーナリスト記者団(本部パリ)」が180ヶ国・地域についてアンケート調査している。其れによると、日本の報道の自由度は、民主党政権下の2010年は11位だったのが、徐々に低下してゆき、今や72位となっている。11年福島原発事故情報が伝わらなかったことから始まり、13年特定秘密保護法の成立14年のテレビへの政治介入が要因とある。当然主要7各国では最下位であり、韓国、モンゴルより下だという。そこへ、今年「共謀罪」が成立民主化、国民主権とは全く反対向きに日本が動いていることの証であろう。日本の民主主義が危ない!
 花木が続いたので、今回から草花に目を転じてみよう先ずはハブランサス。これは民家の小さな花壇で前の花類がすっかり取り払われたあとに残った球根から2本だけ花茎伸ばして咲いたもの。尚花の前の葉っぱは全く別の雑草
 Photoハブランサス(Habranthus)。別名レインリリー雨後によく蕾が上がってくる故の名前南アメリカ原産で、中南米に約10種が分布丈は15~20㎝耐寒性、耐暑性とも強く常緑性故、草花を植えた花壇によく用いられる。但し、寒い時は地上部の葉が枯れ休眠する。葉は細長い線形で地際から出る
Photo_2 その花6~9月に開花花茎を長くのばしてその先端に漏斗状の花を斜め上向きに咲かせる花は普通1輪だが、稀に2~4輪咲かせることもある殆どの花は1日花で、咲いたその日に萎んでしまうという短命の花花色はピンクや黄色が多く白いボカシの入るものもある花名はギリシャ語のハブロス(優雅な)とアンサス(花)から来ている。花弁が5枚白い雌しべが1本に黄色の雄しべ5本あるのがよくわかる。

|

« アカメガシワが咲き続けた | トップページ | ヒメイワダレソウが咲き始めている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

可愛い花ですね!

投稿: 自遊人 | 2017年6月30日 (金) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65467418

この記事へのトラックバック一覧です: 日本報道自由度72位   雨後ハブランサスが咲いた:

« アカメガシワが咲き続けた | トップページ | ヒメイワダレソウが咲き始めている »